ルーキー・福永奨が土壇場で同点打! オリックス対埼玉西武は引き分け【2/24 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 2月24日、SOKKENスタジアムで行われたオリックスと埼玉西武の「球春みやざきベースボールゲームズ」1戦目は、2対2で引き分けに終わった。

 オリックスの先発は山岡泰輔投手。2回表、先頭の4番・山川穂高選手に二塁打を浴びるなど2死2、3塁のピンチを背負うが、空振り三振を奪い切り抜ける。続く3回表は能見篤史投手が無失点に抑えるも、4回表に登板した黒木優太投手が埼玉西武の7番・渡部健人選手のソロを被弾。1点を先取される。

 一方の打線は7回まで反撃の糸口をつかめず。8回表には中田惟斗投手が満塁のピンチを招き、押し出し四球で1点を与えてしまう。

 しかし最終9回裏、オリックスは野口智哉選手のセーフティーバントや四球などで2死1、2塁とすると、9番・池田陵真選手の適時打で1点を返す。なおも2死1、3塁の好機、福永奨選手に適時打が生まれ、土壇場で同点に追い付いた。一打サヨナラの場面で打席には渡部遼人選手が入ったが、ライトフライに倒れ2対2で試合終了。

 オリックスは、先発・山岡投手が2回1安打無失点の内容。リリーフ陣は黒木投手、中田投手がそれぞれ1点を失いながらも、粘りを見せた。打線は7回までわずか2安打と苦しんだが、最終回につながった。また、ドラフト2位ルーキー・野口選手が3安打をマークしている。

 一方の埼玉西武は、投手陣が8回まで無失点リレーを披露するも、井上広輝投手が1回3安打2失点と苦戦。打線は渡部選手のソロ本塁打が生まれたが、8回表の満塁のチャンスは押し出し四球で得た1点のみにとどまった。

  123456789 計
西 000100010 2
オ 000000002 2

西 高橋光成-平井克典-與座海人-赤上優人-井上広輝
オ 山岡泰輔-能見篤史-黒木優太-阿部翔太-バルガス-中田惟斗-吉田凌

文・丹羽海凪
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント