【千葉vs新潟】新潟はミスを減らして連敗を止めたい…千葉は防御から勝機を見出す

B.LEAGUE
チーム・協会

【B.LEAGUE】

■千葉ジェッツ vs 新潟アルビレックスBB(@船橋アリーナ)

11月13日15時5分 11月14日15時5分

 前節、ともに1点という最少点差で敗れた千葉ジェッツと新潟アルビレックスBBの一戦が、千葉のホーム、船橋アリーナで行われる。

 前節、千葉はアウェーでレバンガ北海道と対戦。この試合、第1クォーターに33-13と20点ものリードを奪うが、そこから北海道の反撃にあう。第2クォーターにはディフェンスに苦しみ7点しか奪えず、第3クォーターも21-28とされると、61-61の同点で最終クォーターを迎えることになった。ここでも北海道の粘りに苦しみ、最後は1点差で逃げ切られた。

 新潟は川崎戦でBリーグ開始以来最長となる9連敗を喫した。それでも第3クォーターまで58-57と1点リードする試合運びを見せた。しかし、残り10秒、藤井祐眞のパスを受けたニック・ファジーカスに逆転シュートを沈められる。最後の攻撃を託したロスコ・アレンが決めきれず万事休す。なかなかトンネルを抜けられない。
 確実に連勝したい千葉は、ディフェンスのプレッシャーをさらに高めだろう。コートに立つそれぞれの選手がやるべきことを遂行することで、当然勝機は見えてくるだろう。

 反対に新潟はミスを防ぎたい。勝ちきれない原因には大事な場面でのミスが挙げられ、事実川崎戦でも第4クォーターで6個のターンオーバーを犯している(試合全体では9個)。ミスを恐れない思い切りのいいプレーは連敗中であっても欠かせないが、その中でミスを減らすゲーム運びが今の新潟には必要だと言えるだろう。

■ロスター

・千葉(HC:大野篤史)
ジョシュ・ダンカン
富樫勇樹
赤穂雷太
大宮宏正
西村文男
佐藤卓磨
藤永佳昭
ギャビン・エドワーズ
ラシードファラーズ
原修太
ジョン・ムーニー
クリストファー・スミス
・新潟(HC:平岡富士貴)
岡本飛竜
星野曹樹
大矢孝太朗
ジェフ・エアーズ
コービー・パラス
木村圭吾
チリジ・ネパウェ
綿貫瞬
納見悠仁
佐藤公威
ロスコ・アレン
池田雄一
遠藤善
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

B.LEAGUE

国内男子プロバスケットボールリーグのB.LEAGUE情報をお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント