IDでもっと便利に新規取得

ログイン

埼玉上尾メディックス

【埼玉上尾メディックス】新スタッフ加入、退団スタッフのお知らせ

埼玉上尾メディックス

平素より埼玉上尾メディックスへのご支援・ご声援ありがとうございます。
 この度、島田桃大通訳が入団致しましたので、お知らせ致します。また、2020-21 V Cupより通訳として活動しておりました藤井隆昌が8月31日付で退団となりました。藤井通訳はV Cup直前に合流し、難しい状況ながらチーム合流直後からマルコス監督とチームの架け橋として活躍されました。
 また、島田通訳はハワイ州ホノルル出身、安田学園高校を卒業。その後イタリアのセリエAのパッラヴォーロ・モデナへバレー留学、2008年の堺ブレイザーズ入団からキャリアをスタートし、ブラジル、クロアチアを渡り歩き、2014年にサントリーサンバーズへ入団、2016年に退団後はビーチバレーで活躍するなど様々な経験と、国内だけではなくブラジルのバレーボールも良く知るスタッフです。

藤井隆昌通訳退団コメント

藤井隆昌通訳 藤井隆昌通訳 埼玉上尾メディックス

 初めてバレーボールで仕事をさせてもらってとても良い勉強になりました。ここで学んだ事はこれからの人生に必ず生きてくると思います。これからもどこに居ても埼玉上尾メディックスを応援しています!ありがとうございました!

島田桃大通訳入団コメント

島田桃大通訳 島田桃大通訳 埼玉上尾メディックス

プロフィール
通訳 / 島田桃大(MOMOTA SHIMADA)
生年月日 / 1987年10月22日
出身地 /ハワイ州ホノルル
経歴 / 安田学園高校→パッラヴォーロ・モデナ(イタリア・留学2006)→堺ブレイザーズ(2008-11) →クリメド・アチバイア・ヴォレイボル(ブラジル・2011)→HAOKムラドスト・ザグレブ(クロアチア・2013)→モーダマリンガ・ヴォレイ(ブラジル・2013-14)→サントリーサンバーズ(2014-16)→ビーチバレーに転向、CTカンガッソ(ブラジル・2017-19)

入団コメント
埼玉上尾メディックスに入団させていただけた事を心のそこから感謝しております。
そして何より、ブラジル代表チーム男子の黄金時代の礎となった存在、マルコス監督の下でバレーボールを学ぶことができ、そして埼玉上尾メディックスの素晴らしい選手達や素晴らしいスタッフの方々と共にバレーボールに携れる事を、とても嬉しく思います。
多くの方々から、「心の底から本当に応援したい!」と思ってもらえるようなチームを目指していきます。
〜 何事も、成し遂げるまではいつも不可能に見えるか。
   大きく考えよ。大きく考えれば、あなたはきっと大きな体験をするであろう。〜

関連リンク

クラブ名
埼玉上尾メディックス
クラブ説明文

VリーグDivision1に所属する上尾中央医科グループを母体とした女子バレーボールチームです。 埼玉県上尾市をホームタウンとして、本年度は埼玉県立武道館、深谷ビックタートルでホームゲームを開催。 埼玉県上尾市の顔として、地域の皆様と愛し愛されるチームを目指して活動しています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント