IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岡山県サッカー協会

田口2級審判員に聞いてみた

岡山県サッカー協会

(インタビューは、2021/6/27に行いました)

サッカーには、会場運営者とチーム(選手、監督、スタッフ)と審判員が必要です。
審判員は、4級から始まり、昇級試験を経て上位級に上がっていきます。
今回は、2級審判員として活動されている現役大学生の田口新審判員に、審判をする際の心構えや学業との両立などを伺いました。
田口審判員が所属する吉備国際大学は、サッカー部はもちろんありますが、審判部という審判員を主な活動としている部活があり、県下でも珍しい大学です。
インタビューの際には、2級審判員が2名、2級受講者が1名でしたが、2級受講者は合格し、2級審判員が3名の体制で岡山県はもちろん中国地域でも活動しています。
広島出身の大戸魁2級審判員(4年)、山口出身の山本雄大2級審判員(4年)、岡山出身の田口新2級審判員(3年)が活躍しています。審判員を増やし、そのスキル向上していくことで安心した試合運びとなります。
審判員は、正しくジャッジングすることが当然。ミスの許されない厳しいポジションですが、どうすれば選手にストレスを与えない良い試合となるのかを常に考えながら、今後も「グッド!レフリー」と選手やチームからも言われるよう彼らは日々の努力を積み重ねて試合に臨んでいます。

審判員は存在が感じさせないほどスムーズに試合を運ぶことが活躍とされます。
サッカーの試合に、リスペクトを!という気持ちをもって、ぜひ応援をしていただきたい。

関連リンク

クラブ名
岡山県サッカー協会
クラブ説明文

岡山県サッカー協会メディア広報班による中国地域の岡山県のニッチなサッカー、フットサル、ビーチサッカーをお伝えするチャンネルです。 岡山県サッカー協会の主催・主管事業を中心に登録チームの紹介やイベントをご紹介します。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント