IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新日本プロレスリング株式会社

【新日本プロレス】飯伏がSANADAをカミゴェで撃破!“『G1』2連覇”達成!

新日本プロレスリング株式会社

飯伏がカミゴェで粘るSANADAを撃破し『G1』二連覇!
EVILが試合後に内藤をKOし二冠挑戦をアピール!
オスプレイ&カーンの“THE EMPIRE”がオカダ&SHOを撃沈!


 10月18日(日)、東京・両国国技館で『G1 CLIMAX 30』最終戦が開催された。

 メイン(第6試合)の『G1 CLIMAX 30』優勝決定戦は、Aブロック代表の飯伏幸太とBブロック代表のSANADAが激突。二連覇を目指す飯伏と、初優勝を狙うSANADAは過去に二度対戦。18年の『G1』公式戦ではSANADA、19年の『G1』公式戦では飯伏が勝利を収めている。
 両者は序盤からジックリとしたテクニックの応酬を展開。SANADAは飯伏の左ヒザに狙いを定めると、機動力を奪いに出る。だが、飯伏も意地を見せて徹底抗戦。
 終盤、飯伏のカミゴェをSANADAがTKOで切り返せば、飯伏はSANADAのSkull Endに対し人でなしドライバーを炸裂。高度な攻防の末、飯伏はカミゴェをヒットさせるが、SANADAは必死にキックアウト。しかし、最後は飯伏が追撃のカミゴェで死闘に終止符。1991〜92年に蝶野正洋、2003〜2004年の天山広吉に続く『G1』二連覇を成し遂げた。
 試合後、飯伏は「この『G1』をIWGPヘビーのベルトにかえたいと思います。僕は本当の神になる!」と咆哮し、大会を締めくくった。

新日本プロレスリング株式会社

飯伏のバックステージの優勝コメント中、『G1』公式戦で飯伏を下しているジェイ・ホワイトが登場。リマッチを不敵に要求した。

新日本プロレスリング株式会社

 第5試合は二冠王者の内藤哲也がBUSHIとのタッグでvsEVIL&高橋裕二郎組と対峙。BULLET CLUBは無法戦法でL・I・Jを攻め立てる。L・I・Jもコンビネーションで応戦するも、BULLET CLUBはうまく分断。最後はEVILがSCORPION DEATHLOCKでBUSHIを屈服させた。試合後もEVILがBUSHIを痛めつけていると、内藤がカット。そして、EVILとにらみ合うが、内藤を背後から東郷がスポイラーズチョーカーで襲撃。すかさず、EVILは内藤をEVILでKOすると、二本のベルトを掲げて挑戦をアピールした。

新日本プロレスリング株式会社

 第4試合はウィル・オスプレイ&グレート-O-カーンの新ユニット「THE EMPIRE」が、因縁のオカダ・カズチカ&SHO組と対峙。10,16両国でオスプレイに裏切られたオカダは、ゴング前に怒りの奇襲攻撃。だが、THE EMPIREは瞬く間にペースを握り、勢いを示す。終盤、オスプレイのマネージャーであるビー・プレストリーが、SHOにロープ越しのドラゴンスクリューを見舞い、すかさずオスプレイは足4の字で捕獲。カーンがオカダをアイアンクロースラムで叩きつけて排除すると、オスプレイがそのまま締め上げてSHOからギブアップを奪った。

新日本プロレスリング株式会社

 第3試合は棚橋弘至&ジュース・ロビンソン&ジェフ・コブ&マスターワトvsジェイ・ホワイト&KENTA&石森太二&外道。BULLET CLUBはダーティーファイトを軸に試合を支配しようとする。しかし、本隊もチームワークを発揮。最後はコブのその場飛びムーンサルトプレスで動きの止まった外道を、棚橋がテキサスクローバーで仕留めた。

新日本プロレスリング株式会社

 第2試合は鷹木信悟&高橋ヒロムvs鈴木みのる&金丸義信。遺恨渦巻く鷹木と鈴木はゴングを待たずに乱打戦。その後もしばき合いを展開する。ヒロムがTIME BOMBで金丸を仕留めたあとも、鷹木と鈴木は番外戦に突入。鈴木は自身が保持するNEVERのベルトを、前王者の鷹木に見せびらかす。ヒロムは金丸のIWGPジュニアタッグのベルトを手に、王者を挑発した。

新日本プロレスリング株式会社

 第1試合はNEVER無差別級6人タッグ王者の後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHIと「KOPW2020」保持者の矢野通がCHAOSカルテットを結成し、IWGPタッグ王者のタイチ&ザック・セイバーJr.にエル・デスペラード&DOUKIを加えた鈴木軍カルテットと対峙。鈴木軍のゲリラ戦にCHAOSは真っ向から応戦。終盤、DOUKIがピンチに陥るも、タイチ&ザックメが救出し、YOSHI-HASHIにザックメフィスト。その上にDOUKIが被さり、3カウントを奪取した。試合後、DOUKIはNEVER6人タッグのベルトを抱えてアピール。

新日本プロレスリング株式会社

 また、第三試合終了後には、来年も1月4日と5日、今年同様に東京ドーム二連戦が行なわれることが発表された。

関連リンク

クラブ名
新日本プロレスリング株式会社
クラブ説明文

1972年3月6日に創業者のアントニオ猪木が旗揚げ。「キング・オブ・スポーツ」を旗頭にストロングスタイルを掲げ、1980年代-1990年代と一大ブームを巻き起こして、数多くの名選手を輩出した。2010年代以降は、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカらの台頭で再び隆盛を迎えて、現在は日本だけでなく海外からも多くのファンの支持を集めている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント