IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新日本プロレスリング株式会社

【新日本プロレス】SANADAがEVILとの大乱戦を制し優勝決定戦へ初進出!

新日本プロレスリング株式会社

SANADAがEVILとの大乱戦を制しBブロック代表に!
内藤はKENTAの丸め込みで無念の敗退!
棚橋はザックとの技巧戦に勝利を収め有終の美!

新日本プロレスリング株式会社

 10月17日(土)、東京・両国国技館で『G1 CLIMAX 30』第17戦が開催された。いよいよ『G1 CLIMAX 30』も天王山、両国三連戦の二日目ではBブロックの最終公式戦を実施。現段階では二冠王者の内藤哲也と、前・二冠王者のEVILが首位を併走。

 第1試合は上村優也vsゲイブリエル・キッド。今シリーズ、ここまで両者の対戦成績は上村の3勝2敗。ゲイブリエルはサブミッションで攻め込むと、最後はダブルアームスープレックスで上村を沈め、星を五分とした。

新日本プロレスリング株式会社

 第2試合からは『G1』公式戦がスタート、まずは「KOPW2020」優勝者の矢野通(3勝5敗)とNEVER6人タッグ王者のYOSHI-HASHI(1勝7敗)がCHAOS同門対決。矢野のYTR殺法に対し、YOSHI-HASHIは掟破りのテーピング攻撃with如意棒。これは切り抜けた矢野だったが、最後はローブローを繰り出したところをYOSHI-HASHIが丸め込んで勝利。

新日本プロレスリング株式会社

 第3試合はジュース・ロビンソン(3勝5敗)とNEVER6人タッグ王者の後藤洋央紀(4勝4敗)が激突。ジュースの右腕攻めに対し、後藤は首攻めで応戦。一進一退の攻防の中、ジュースは渾身のナックルパートをヒット。最後はパルプフリクションにつないで接戦を制した。

新日本プロレスリング株式会社

 第4試合は棚橋弘至(3勝5敗)とIWGPタッグ王者のザック・セイバーJr.(5勝3敗)が対峙。互いに手の内を知っている両者は、高度なテクニックの応酬を展開。終盤、棚橋のハイフライアタックを、ザックは腕ひしぎ逆十字で捕獲。しかし、棚橋はすかさず押さえ込みに切り返して技アリの3カウントを奪取した。

新日本プロレスリング株式会社

 第5試合は二冠王者の内藤哲也(6勝2敗)とIWGP USヘビー挑戦権利証保持者のKENTA(4勝4敗)が対決。序盤、両者はインサイドワークで駆け引きを見せる。試合が動き出すと、KENTAはgo 2 sleepを狙うが、内藤はデスティーノで切り返す。そして、バレンティアから正調のデスティーノを狙うが、KENTAは首固めで丸め込み、まんまと3カウントを奪取。

新日本プロレスリング株式会社

 そして、メイン(第6試合)はEVIL(6勝2敗)vsSANADA(5勝3敗)。優勝戦進出を賭けた一戦は、EVILが随所でダーティーファイトを仕掛け攻め立てる。だが、SANADAは多彩なテクニックで徹底抗戦。終盤、SANADAはラウンディング・ボディプレス二連発を炸裂させるも、ディック東郷が妨害。すると放送席の高橋ヒロムが排除に出るも、EVILがローブローからのマジックキラーをお見舞い。大混戦の中、東郷はスポイラーズチョーカーでSANADAを締め上げるが、今度こそヒロムがトラースキックで排除。すかさずSANADAがEVILをオコーナーブリッジで固めて勝利をゲット。
 これでSANADA、EVIL、内藤が6勝3敗で並び、三者の直接対決の結果、SANADAがBブロック代表として優勝決定戦に進出。Aブロック代表の飯伏幸太と雌雄を決することに。試合後、SANADAはスマホのライト点灯を演出すると、「『G1』の歴史にSANADAの名を残してやるよ」と優勝を誓った。

新日本プロレスリング株式会社

関連リンク

クラブ名
新日本プロレスリング株式会社
クラブ説明文

1972年3月6日に創業者のアントニオ猪木が旗揚げ。「キング・オブ・スポーツ」を旗頭にストロングスタイルを掲げ、1980年代-1990年代と一大ブームを巻き起こして、数多くの名選手を輩出した。2010年代以降は、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカらの台頭で再び隆盛を迎えて、現在は日本だけでなく海外からも多くのファンの支持を集めている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント