IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新日本プロレスリング株式会社

【新日本プロレス】飯伏がタイチとの蹴撃戦に競り勝ち『G1』優勝決定戦進出!

新日本プロレスリング株式会社

Aブロック代表は単独首位の飯伏に決定!
石井が真っ向勝負で無法者ジェイを撃破!
飯伏はタイチとの蹴撃戦に競り勝つ!
なんとグレート-O-カーンがオスプレイを援護射撃!

新日本プロレスリング株式会社

10月16日(金)、東京・両国国技館で『G1 CLIMAX 30』第17戦が開催された。いよいよ『G1』も天王山、2017年以来となる両国三連戦の初日ではAブロックの最終公式戦を実施。現時点でAはオカダ・カズチカ、飯伏幸太、ジェイ・ホワイトが首位で併走する混戦状態となっている。

 第1試合は辻陽太vsゲイブリエル・キッド。今シリーズ、ここまで両者の対戦成績は辻の2勝2敗1引き分け。勝ち越しをかけた一戦は、辻がジャイアントスイングからの逆エビ固めで勝利を収めた。

新日本プロレスリング株式会社

 第2試合からは『G1』公式戦がスタート、ジェフ・コブ(4勝4敗)と高橋裕二郎(0勝8敗)が激突。コブのパワー殺法に対し、裕二郎はインサイドワークで対抗。終盤、裕二郎はスティックでコブを殴りつけると、そこから一気にたたみかけ、最後はピンプジュースで念願の公式戦初勝利をゲット。

新日本プロレスリング株式会社

 第3試合は鷹木信悟(3勝5敗)とNEVER無差別級王者の鈴木みのる(3勝5敗)が対峙。両者は開始のゴングと同時に火を噴くような打撃戦を展開。その後もバチバチのファイトで互いを削り合う。終盤、鷹木はカウンターで渾身のナックルを叩き込むと、一気にラスト・オブ・ザ・ドラゴンにつないで鈴木を撃沈した。

新日本プロレスリング株式会社

 第4試合はオカダ・カズチカ(6勝2敗)とウィル・オスプレイ(5勝3敗)のCHAOS同門対決。オスプレイは開始と同時にフルスロットル。だが、オカダも真っ向から応戦。終盤、オカダがマネークリップで締め上げると、リングサイドに『スターダム』のビー・プレストリーが登場し、レフェリーの注意を引きつける。そのスキにグレート-O-カーンが現れ、オカダにアイアンクロースラムを敢行。最後はオスプレイがストームブレイカーでオカダから3カウントを奪取した。試合後、オスプレイはオカダにヒドゥン・ブレイドを食らわせて衝撃の造反。

新日本プロレスリング株式会社

 第5試合は飯伏幸太(6勝2敗)とIWGPタッグ王者のタイチ(4勝4敗)が激突。両者は序盤から激しいキックの応酬。その後も徹底して蹴りのみを打ち合い、意地と意地が交錯する殺伐とした展開に。終盤、タイチのバズソーキックを切り抜け、強烈なキックでダウンを奪った飯伏は、バズソーキックからカミゴェをヒット。この試合初めてのカバーでカウント3をゲットした。

新日本プロレスリング株式会社

 そして、メイン(第6試合)では石井智宏(3勝5敗)とジェイ・ホワイト(6勝2敗)が激突。真っ向勝負が信条の石井に対し、ジェイは緩急をつけたファイトで対抗。徹底的に石井の右ヒザを壊しにかかる。だが、石井も目には目をとばかりにジェイの右ヒザに集中攻撃。終盤、外道が介入するも石井は自力で排除。そして、大技を巡る攻防から、最後は垂直落下式ブレーンバスターでジェイを豪快に沈めた。

 この結果、Aの優勝決定戦進出者は飯伏幸太(7勝2敗)に決定した。

新日本プロレスリング株式会社

関連リンク

クラブ名
新日本プロレスリング株式会社
クラブ説明文

1972年3月6日に創業者のアントニオ猪木が旗揚げ。「キング・オブ・スポーツ」を旗頭にストロングスタイルを掲げ、1980年代-1990年代と一大ブームを巻き起こして、数多くの名選手を輩出した。2010年代以降は、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカらの台頭で再び隆盛を迎えて、現在は日本だけでなく海外からも多くのファンの支持を集めている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント