IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)PLM

ホークスOBとの野球観戦がこんなに気軽でいいんですか!?「パーソル パ・リーグTV Meetings 第1弾」レポート

パ・リーグインサイト

 8月28日、パシフィックリーグマーケティングとシスコシステムズ合同会社による企画「パーソル パ・リーグTV Meetings 第1弾」が実施された。福岡ソフトバンクのOBである攝津正さん、馬原孝浩さん、そして元楽天イーグルスDJの古川優児さんを進行役としてお迎えし、ファンと共にリモート観戦を楽しんだ。

 7月9日、パシフィックリーグマーケティング株式会社はシスコシステムズ合同株式会社とのパートナーシップ契約を発表。新型コロナウイルスの感染拡大により従来の観戦スタイルが制約される中で、インターネットを活用した新しいファンエクスペリエンスの実現を目指す。今回の企画はその第1弾だ。シスコのWeb会議システムである「Cisco Webex」を用いて、事前登録を行ったファンが福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの公式戦を観戦した。

オンラインならではの質問コーナーも

 イベントにはPCとスマートフォンの両方から参加でき、「Cisco Webex」のダウンロード(無料)が必要だ。筆者はアプリを用いてスマートフォンから参加したが、試合映像を楽しみつつ、攝津さん、馬原さん、そして進行を務める古田さんを4分割の画面で見る形であった。試合画面を全体に表示しつつ、出演者たちの会話は音声で楽しむこともできるため、自分に合わせた様々な楽しみ方が可能となっている。

 質問コーナーでは、事前に質問フォームに回答していたファンが画面を通して馬原さん、攝津さんと直接顔を合わせて質問できる形となっていた。後ろに福岡ソフトバンクのポスターやユニフォームを飾ったファンや、少年野球を頑張る子供とそのお母さんなど、様々な方が質問。プロの舞台で活躍したOBと1対1で話すことのできる貴重な機会に大興奮だったはず。

 来年から社会人だというファンの「社会人になって壁をどのように乗り越えたか」と質問。馬原さんが「一つ一つノルマを設定し、物事をネガティブに考えないこと」、攝津さんは「悲観しないで壁を楽しむこと」と回答するなど、野球以外に関する質問も多数寄せられた。

 コーナーに参加しなかったファンでも、「Chisco Webex」内のチャット機能を用いていつでも二人に対する質問やプレーに対する感想を送ることができた。「現役時代に対戦して印象に残っている選手は」という質問には、馬原さんが「ルーキー時代に対戦した西武打線」と回答。「ショートの頭を超えたと思った和田(一浩)さんの打球が、ホームランになっていた」と回答。一方の攝津さんは「ローズ選手(元オリックスほか)」、「埼玉西武時代の中島選手(巨人)」の二人を挙げ、「中島選手に対してストレートを2球続けたら、スタンドに運ばれた」と話すなど、積極的なファンとの交流を行っていた。

試合中にはリアルタイムで投票企画も実施

 残念ながら中止となった今季のオールスターの代わりに、「Cisco Webex」内の投票機能を用いて、「パーソル パ・リーグTV的オールスター投票」を開催。各イニングの終了時に、6球団から選ばれた各ポジションの選手にリアルタイムで投票した。結果は以下の通りだ。

(C)PLM

 イベントを終えて馬原さんは「喋りながらだとあっという間で、すごく楽しい時間でした。また違った情報が得られると思うので、今後のイベントでもどんどん質問してください!」、攝津さんも「自宅で野球を見ているような感覚で楽しかったです。またこうした機会を設けていただけたらと思います」とコメントした。

 ファンからのチャットを交えながら二人のトークを楽しみつつ、ターニングポイントや注目の場面では話題を試合に戻して解説を聞く。ファンにとっても、これまでにない新しい観戦スタイルとなったはずだ。現在の観戦スタイルにアクセントが欲しい方は、第2弾にぜひ参加してみて欲しい。

馬原さん、攝津さんが苦手だった野手とは……?

 試合終了後は、馬原さんと攝津さんの二人に現役時代の話を交えたインタビューを行った。

ーーまず、今回のイベントを経験しての感想をお聞かせください

馬原さん「こうやって話をしながらだと、普段は話さないことなどをリアルな感じでお伝えできたのが良かったですね」
攝津さん「単純に楽しかったです。解説となると野球の話だけになってしまいますが、今回はファンの質問を通して気になるところに答えることができました」

ーー現役時代のお話をうかがっていきましょう。1番対戦していて嫌だった打者は誰ですか?

攝津さん「鈴木大地選手ですかね。通算で8割くらい打たれているイメージで、だいたい打たれてましたね。もう四球、デットボールでも当てたほうがいいのかなというくらい(笑)シーズン単体とかではなく、ずっと打たれていましたね」
馬原さん「僕は坂口智隆(現東京ヤクルト)にはよく打たれましたね。普段投げないカーブを投げたこともありましたが、それでもレフト前に運ばれました。多分10割打たれてます(笑)移籍したオリックスでも『同じチームになって良かった』と坂口に言ってましたね。」
※2010年の坂口選手は馬原投手に対して3打数3安打で対戦成績10割を記録。

ーーでは逆に、相性が良かった打者はいますか?

攝津さん「なかなか思いつかないですが、福田秀平(現・千葉ロッテ)ですかね(笑)紅白戦とかで当たるとほぼ三振でしたね。同じチームの選手しか思いつきませんでした」
馬原さん「思いつかないですね……結局、代打でも相性のいい打者を出してきますからね」

攝津正さん 攝津正さん (C)PLM

ーー直近では野手の増田大輝選手(巨人)が登板したことで話題に。お二人の野手登板に関するご意見は?

攝津さん「個人的にはアリじゃないかと思います。野球は誰がどこを守ってもいいスポーツ。次の日も試合があるので、それ(野手登板)も一つの野球だと思います。そういうケースを見る機会も少ないので、逆にファンも楽しめるのではないでしょうか」
馬原さん「僕も否定的な意見はないですね。年間で『この投手が行かなくても……』という展開はあります。投手が打席に立って難しさを知るということもあるので、野手も投手の気持ちがわかるんじゃないですかね。野手もほとんどが元々はエースで4番なので、そういう(マウンドで投げる)姿を純粋に見たいですね。簡単に抑えても『あれれ?』ってなりますけど(笑)」

ーー現役時代最大の失敗は?

攝津さん「千葉ロッテ戦のデーゲームに先発して、8回ぐらいまで投げて暑くてヘトヘトで。次の日、朝から二軍に合流して練習だったのですが、思いっきり寝坊してしまいました」
馬原さん「僕はギリギリだけど遅刻はしない、これだけは胸を張ってましたね(笑)。攝津は遅刻するイメージはないですね」
攝津さん「だいぶ気が緩んだんでしょうね。大失態でした」
馬原さん「僕は一時期、車のガソリンメーターが壊れていて、大体感覚で乗っていた時がありました。ある時、ガソリンのランプはいつも通り点灯していて、大丈夫だろうと思っていたらガス欠で止まってしまって。試合終わりに道路のど真ん中で止まってしまって、連絡して来てもらうまで車の中で隠れていましたが、最後は『馬原』って書いてある応援ボードも掲げられてしまって……今はもうそんなことしないですけどね」

ーー攝津投手といえば2011年のCSでの勝ち投手が印象的

攝津さん「全然記憶にないです。ホントに記憶にない(笑)。先に2勝してるし、負けても勝っても大丈夫だろうくらいの感じですごく楽に行ってたんでしょうね」
馬原さん「僕だったらガッチガチだと思います」
攝津さん「僕、CSで活躍してるんですか?(笑)あんまりCSとか日本シリーズで活躍したイメージがないんですよね。大舞台に弱かったのかな……覚えてるのは2012年の日ハム戦で足を怪我したことですね。」

ーー大舞台といえば、馬原さんは2009年のWBCでの登板はいかがでしたか

馬原さん「あの大会ではボールに慣れることにみんな手間取っていました。自分もフォークを投げるピッチャーなので、イップスみたいな状態で投げてましたね。ただ、日本がどのくらい盛り上がっているのか情報が入ってこなかったので、それが逆にプレッシャーにならなかったのかもしれない。後から盛り上がりを聞いて怖くなりましたけどね」

ーー準決勝の投球が印象的でした

馬原さん「向こうでは試合数も結構投げてましたから、割り切って投げなくてはいけない状況でした。あの試合は30球投げましたが、リリーフ投手は30球投げたら次の試合投げられない。なので、決勝はベンチ裏でステーキとかハンバーガー食べながら見てました(笑)」

馬原孝浩さん 馬原孝浩さん (C)PLM

ーー当時のチームメイトの川崎宗則選手がマウンドで声をかける場面も見られた

馬原さん「いつもムネは『チェスト』しか言わないです(笑)。大体はサインの確認とかなんですけど、僕の時は『チェスト』しか言いませんでしたね。グラブで口元を隠して大事なことを言っているように見えて『チェスト』しか言ってませんでしたかね」
攝津さん「僕の時もそうだったと思います(笑)」
馬原さん「現役時代で一生忘れられない試合と言われたらあの試合ですね。2シーズンくらいやった感覚で、2009年シーズンがめちゃくちゃ長く感じられましたね」

ーーお互いの第一印象は? まずは馬原さん

馬原さん「新人合同自主トレでキャッチボールやピッチングをしている時に、全く表情がブレない。何かにオドオドすることは一切なく、ずっと淡々と自分の練習をやっていました。オープン戦で投球を見た時に、家で『相当やるね、この子』と妻とずっと話してました」
攝津さん「それは嬉しいですね……!」

ーー攝津さんはいかがでしょうか

攝津さん「怖い人なのかなと。マウンド上でも仁王立ちのイメージがあったので、始めた時も『あの馬原さんだ……』と思ってました。でも、実際はなんでも笑ってくれる人でしたね」
馬原さん「笑い上戸なんですよ。でも、会う人ほとんどに『怖い人だと思っていた』と言われますね(笑)」
 

 引退しても仲の良さをうかがえた二人。話題は尽きないが今回はここまで。「パーソル パ・リーグTV Meetings 第2弾」は、9月22日(火・祝)に埼玉西武対北海道日本ハム戦にて行われる。事前登録と詳細はこちらから。

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント