IDでもっと便利に新規取得

ログイン

CEREZO OSAKA

セレッソ大阪【J1リーグ第16節 横浜FM vs C大阪】昨季のリーグ王者との対戦。首位を追走するために、乗り越えたいビッグマッチ

セレッソ大阪

前節から中3日。セレッソ大阪は、敵地に乗り込み、明治安田生命J1リーグ第16節、横浜F・マリノス戦に挑む。ホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えて戦った前節、セレッソは開始早々、相手のミスを突き、奥埜博亮が先制点。この得点が、セレッソにとってクラブのJ1通算1000得点のメモリアルゴールとなった。その後は札幌にサイドから攻め込まれるシーンも続いたが、クロスを上げる選手に対してしっかりと体を寄せ、中ではマテイ ヨニッチと瀬古歩夢が跳ね返す「組織的な守備」(キム ジンヒョン)を披露。そして最後は、その守護神自身が好セーブを見せ、リーグ戦では今季7度目となる無失点を達成した。

これでリーグ戦は4連勝。攻撃では6試合連続で複数得点。守備でも2試合連続で無失点。攻守のバランスは良い。前節はレアンドロ デサバトも復帰し、中盤に強度をもたらした。8月の後半から調子を上げていたブルーノ メンデスの欠場が続いている前線も、前々節は都倉賢に藤尾翔太、前節は奥埜とFW陣にゴールが生まれており、出場する選手たちが結果を残す好循環が続いている。

CEREZO OSAKA

そんな上り調子で迎える今節の相手は、昨季のリーグ王者・横浜FM。直近の試合では、川崎フロンターレと名古屋グランパスに連敗しているが、その前は3連勝も飾るなど、標榜する“アタッキング・フットボール”が機能した時の爆発力はJ屈指。セレッソとしては、守備で耐える時間が長くなったとしても、決して慌てず対応することが勝利には欠かせない。サイドを取られても、粘り強く真ん中を固めてしのぎたい。その上で、相手のハイラインを攻略する攻撃で得点に結びつけていきたい。打ち合いという相手の土俵に上がるのではなく、先制し、試合をコントロールする展開に持ち込みたいところだ。

第13節・横浜FC戦から始まった9連戦も、今節が5試合目。折り返しとなる。出場時間が増えている選手たちのコンディションは気がかりだが、勝利が続いている状況が何よりの癒しになっているか。今節の横浜FM戦を皮切りに、中2日でヴィッセル神戸戦、中2日で鹿島アントラーズ戦と続く3連戦は、今季の日程の中でも最も過密であり、正念場。チーム全員の力を結集させ、首位の川崎に食らい付いていきたい。

(文=小田尚史)

関連リンク

クラブ名
セレッソ大阪
クラブ説明文

Jリーグ所属のセレッソ大阪の公式アカウントです。 クラブの最新ニュースやイベント、チケット、オフィシャルグッズなど様々な情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント