IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新日本プロレスリング株式会社/山本正二

【新日本プロレス】“覚醒”目前! トーア・ヘナーレに直撃インタビュー(前編)!

新日本プロレスリング株式会社

ニュージーランド出身の若き闘将、トーア・ヘナーレ選手に直撃インタビュー!(前編)

リベンジを誓った『NEW JAPAN CUP』石井智宏戦、そして目標とするNEVER無差別級王座への想いを激語り!

さらに、“本物のヒーロー”と語る棚橋弘至、“指導者”と仰ぐ中西学とのエピソードも振り返り!

撮影/山本正二

※以下、インタビューの「序盤部分(※一部抜粋)」をSportsnaviで無料公開!

いまの俺は2年前とは違う。いまの俺はイシイを倒せるだけの強さを十分に持っている

新日本プロレスリング株式会社/山本正二

――さて、ヘナーレ選手。現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会の中止が続いていますが、この期間をどのように捉えていますか?

ヘナーレ まず、ウイルスに勝つには健康じゃなきゃいけないと思う。身体が健康であれば、血の巡りも良くなるし、回復も早い。ウイルスによって病気になる確率が減るはずだ。

――大会が中止になってもどかしい気持ちもあるかと思いますが、本来ならヘナーレ選手は『NEW JAPAN CUP』の開幕戦でメインイベントを飾る予定でしたよね?

ヘナーレ イエス。初めてのメインイベントで、シングルマッチを闘う予定だった。

――しかも対戦相手は、常に意識している石井智宏選手でした。

ヘナーレ ああ。昨晩、2018年4月(24日後楽園ホール大会)に闘ったイシイとのシングルマッチを観たんだ。当時は「結構いい試合をしたな。あと少しでイシイを倒せた」って思っていたが、いま見たら全然そんなことはなかった。

――いま見るとかなり力の差があったと。

ヘナーレ そうだ。あの試合を闘っている時の俺の目を見たらわかるよ。自分が何をしているのかわかっていなかった。そして、この2年間、いろんなレスラーたちと闘って多くのことを学んだ。2年前の俺は、あのベテランレスラーにボコボコにされたんだ。

新日本プロレスリング株式会社

――では、今回の試合はどうなると想像していましたか?

ヘナーレ いまの俺は2年前とは違う。リング上で自分が何をすればいいのかわかっているからな。いまの俺はイシイを倒せるだけの強さを十分に持っていると思う。

――石井選手に勝つ準備は出来ていると。

ヘナーレ もちろんだ。あとは、興行が再開してその試合を闘う頃まで強く居続けるだけだ。今回は中止になったけど、「いつかまたイシイと闘う日が来る」と確信しているよ。

――ファンもヘナーレ選手の勝利を待っていると思いますし、「あと少しで倒せる!」というところまでは対戦相手を追い込んでいる印象もありますが。

ヘナーレ そうなんだよ! たとえるなら、カギ穴に間違ったカギを挿そうとしているようなものだ。いつも何かが抜けていて、数センチだけカギ穴にピッタリとはまらない。

――闘っていても、どこかもどかしい気持ちがあったというか。

ヘナーレ ああ。でも、シンゴ(鷹木信悟)とシングルマッチを闘った時(2019年10月7日後楽園ホール大会)、自分のことを少し理解できたような気がしたんだ。

新日本プロレスリング株式会社

――その試合以降、何か変化はありましたか?

ヘナーレ それから自分の中で理にかなった行動をするようになった。いまは正しいカギを持っている気がするんだ。ニュージャパンに入団した時からNEVERチャンピオンになることが俺の目標だった。でも、チャンピオンになるためにはさらに必要なものがある。

――それは何でしょうか?

ヘナーレ 忍耐だったり、強さだったり、それを保ち続ける持続性だったり……。でも、俺にはもっと学ぶべきことがたくさんあるし、まだ俺のプロレスキャリアも始まったばかりだ。

関連リンク

クラブ名
新日本プロレスリング株式会社
クラブ説明文

1972年3月6日に創業者のアントニオ猪木が旗揚げ。「キング・オブ・スポーツ」を旗頭にストロングスタイルを掲げ、1980年代-1990年代と一大ブームを巻き起こして、数多くの名選手を輩出した。2010年代以降は、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカらの台頭で再び隆盛を迎えて、現在は日本だけでなく海外からも多くのファンの支持を集めている。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント