スポーツナビ

2018年8月5日(日)

11R
2018年8月5日(日)
2回小倉4日
15:35発走

農林水産省賞典 小倉記念 GIII

芝・右 2000m 天気:
馬場:
サラ系3歳以上 オープン (国際)(特指) ハンデ 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円

予想印

枠番 馬番 馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 キョウヘイ
2 2 レイホーロマンス
3 3 ストーンウェア
4 4 ストロングタイタン
5 5 キンショーユキヒメ
5 6 マイネルサージュ
6 7 マウントゴールド
6 8 メドウラーク
7 9 エーティーサンダー
7 10 サトノクロニクル
8 11 トリオンフ
8 12 サンマルティン

◎:本命、○:対抗、▲:単穴、△:連下

買い目

大多 4=11 4=12 4-3 4-10 11=12
綾恵 11=4 11=12 11-2 11-10 4=12
山田 12=4 12=5 12=11 4=5 4=11 5=11
たま 2=11 2=10 2=4 2=12

※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

予想

本命はストロングタイタン。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・1.57.2
前々走・鳴尾記念(G3)のレコード勝ちを含め、2000Mで10戦7連対(4勝)。前走・宝塚記念はG1の壁に阻まれたものの、適距離のG3なら見直しが必要だろう。この中間には栗東坂路で4ハロン50秒6の一番時計をマークするなど、仕上がりは良好。2つ目のタイトル獲得に期待がかかる。

対抗はトリオンフ。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・1.57.3
1番人気に支持された前走・鳴尾記念(G3)はストロングタイタンの2着。叩き合いの末に半馬身差で敗れたものの、後続には2馬身半差をつけて力は示した。小回り向きの先行力があり、小倉コースでは小倉大賞典(G3)を制するなど3戦2勝、2着1回。ここは逆転の可能性まで考えておきたい。

単穴はサンマルティン。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・1.57.6
休み明けの前走・都大路S(オープン)でエアアンセム(のちに函館記念V)に快勝。一昨年に去勢して以降は(5.1.0.3)の好成績を収めている。昨年の当レースでもハナ差2着に好走しており、コース替わりに不安なし。鉄砲も利くタイプで、休み明けでも警戒が必要だろう。

抑えはサトノクロニクル。穴はストーンウェア。

今週のワンポイントアドバイス

◇小倉11R・小倉記念

過去10年、連対馬は(2)(1)、(16)(1)、(9)(4)、(4)(15)、(3)(1)、(3)(5)、(3)(6)、(6)(2)、(11)(4)、(4)(2)番人気で決着した。上位1〜3番人気は3、3、3連対と不振。中でも1番人気は06年から12連敗中で、代わりに6番人気以下から、6頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3けた…………1回
1000円台…2回
2000円台…3回
8000円台…1回
万馬券…………3回

2けた人気が連に食い込んだ年に2万3030円、3万360円、1万3340円の万馬券が飛び出す波乱となっている。


ここ3戦のレイホーロマンスは5、6、6着。「4コーナーの不利」「馬群をさばけず」「緩い馬場」と力を出し切れなかった。それでも勝ち馬とは5馬身以内。51キロの軽ハンデ、芝1800メートルに勝ち鞍のある小倉で巻き返す。

新着ニュース

ニュース一覧

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧