スポーツナビ

2018年2月11日(日)

11R
2018年2月11日(日)
2回京都6日
15:35発走

京都記念 GII

芝・右・外 2200m 天気:
馬場:
サラ系4歳以上 オープン (国際) 別定 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円

予想印

枠番 馬番 馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 プリメラアスール
2 2 ケントオー
3 3 ディアドラ
4 4 クリンチャー
5 5 モズカッチャン
6 6 レイデオロ
7 7 クロコスミア
7 8 アクションスター
8 9 ミッキーロケット
8 10 アルアイン

◎:本命、○:対抗、▲:単穴、△:連下

買い目

大多 6=10 6=5 6-3 6-4 10=5
綾恵 6=5 6=3 6-9 6-10 5=3
山田 6=3 6=10 6=4 3=10 3=4 10=4
たま 7=6 7=10 7=5 7=9

※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

予想

本命はレイデオロ。

実績:
距離・コース:
順調度:
(初距離)
昨年の最優秀3歳牡馬が始動戦を迎える。一線級の古馬に挑んだ前走・ジャパンC(G1)は追い上げ及ばず0秒2差2着に惜敗。それでもキタサンブラックをかわしたうえ、4着以下には決定的な差をつけてダービー馬の実力を存分に見せつけた。神戸新聞杯(G2)完勝で関西遠征は克服済み。現役最強を目指し、同世代のG1ホース撃破で好発進を決めたい。

対抗はアルアイン。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・2.13.0
昨年の皐月賞でレイデオロらをねじ伏せ、G1初戴冠。続く日本ダービー(G1)では不得手な瞬発力勝負でも0秒3差5着に粘り、世代屈指の能力を証明した。3000M戦の前走・菊花賞(G1)は7着に終わったが、2200M(セントライト記念2着)なら巻き返し濃厚。今年初戦でひと回り成長した姿を見せたい。

単穴はモズカッチャン。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・2.14.3
昨年はオークス(G1)2着、秋華賞(G1)3着と惜しい結果が続いたものの、前走・エリザベス女王杯で待望のG1タイトルを獲得。好位のインで流れに乗ると、逃げ粘る2着馬をゴール寸前で差し切り牝馬頂上決戦を制した。今回は牡馬の一線級が相手となるが、再び京都2200Mならチャンスはありそうだ。

抑えはディアドラ。穴はクリンチャー。

今週のワンポイントアドバイス

◇京都11R・京都記念

過去10年の連対馬は(1)(4)、(3)(1)、(1)(3)、(1)(5)、(5)(1)、(6)(3)、(6)(2)、(3)(4)、(6)(3)、(3)(5)番人気で決着した。

馬連配当は
3けた……2回
1000円台…3回
2000円台…2回
3000円台…2回
4000円台…1回

上位1〜3番人気の5、1、6連対は威張れた成績ではないが、伏兵馬の連対も6番人気の3頭だけ。波乱度は低い。

ステップ(着順)は有馬記念(14、2、3、12、7着)組が5連対でトップ。4連対で香港ヴァーズ(4、6、1、5着)組が続き、2連対で天皇賞・秋(2、17着)組と中山金杯(1、1着)組が並んでいる。

性別は牡馬103頭と牝馬18頭で争い、16対4。連対率は16、22%。連対数で見劣る牝馬だが、率で牡馬を逆転している。

また、勝ち馬10頭の脚質を見ると、逃げ1頭、先行7頭、差し2頭。スローペースから上がりの勝負になる競馬が多く、前々でレースを進める先行馬が好成績を残している。


前走のクロコスミアは久々のG1挑戦、初距離の2200メートルで首差の2着と地力を見せた。昨年6月から1、4、1、1、2着と好走を維持。デビュー時の馬体398キロも428キロと大きく成長して、脚力が大幅にアップした。積極策でG2レース2勝目を勝ち取る。

新着ニュース

ニュース一覧

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧