2018年9月17日(月)

11R
2018年9月17日(月)
4回中山5日
15:45発走

朝日杯セントライト記念 GII

芝・右・外 2200m 天気:
馬場:
サラ系3歳 オープン (国際)(指定) 馬齢 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円

予想印

枠番 馬番 馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 ギベオン
2 2 グレイル
2 3 ショウナンラーゼン
3 4 ジェネラーレウーノ
3 5 コズミックフォース
4 6 ゼーゲン
4 7 ブレステイキング
5 8 メイショウロセツ
5 9 タニノフランケル
6 10 トラストケンシン
6 11 ケイティクレバー
7 12 レイエスプランドル
7 13 ダブルフラット
8 14 オウケンムーン
8 15 レイエンダ

◎:本命、○:対抗、▲:単穴、△:連下

買い目

大多 15=5 15=1 15-2 15-4 5=1
綾恵 5=15 5=4 5-1 5-13 15=4
山田 15=5 15=9 15=11 5=9 5=11 9=11
たま 9=15 9=1 9=4 9=5 9=7

※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

予想

本命はレイエンダ。

実績:
距離・コース:
順調度:
(初距離)
昨年のダービー馬・レイデオロの全弟。骨折の影響で出世は遅れたものの、デビューから無傷の3連勝と底を見せていない。前走の松前特別(1000万下)では古馬を一蹴し、走破時計も前週の函館記念(G3)を0秒5上回った。重賞初挑戦だが、ここもあっさり通過するようなら本番の菊花賞(G1)でも期待は高まる。

対抗はコズミックフォース。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・2.12.5
春のプリンシパルS(オープン)をレコードで快勝すると、日本ダービー(G1)では3着に健闘。これまで6戦して(2.1.2.1)と堅実で、阪神遠征のすみれS(オープン・5着)を除けば複勝圏を外していない。この中山コースでは1月の京成杯(G3)で僅差2着。休み明けでもマークは外せない。

単穴はギベオン。

実績:
距離・コース:
順調度:
(初距離)
デビューから4戦2勝、2着2回。春のNHKマイルC(G1)では早め先頭からクビ差2着に粘り込み、世代トップクラスの力を示した。今回は休み明けで初コースと課題も多いが、克服できるだけの素質は秘めていそうだ。

抑えはジェネラーレウーノ。穴はグレイル。

今週のワンポイントアドバイス

良血開花、タニノフランケル

上位3着に菊花賞への優先出走権が与えられる。「春の実績馬」と「新興勢力」が激突するトライアルを勝ち抜くのはどの馬か。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は9-1、2-4、4-3、6-3、1-14、3-5、1-2、6-9、1-2、2-1番人気の組み合わせで決まった(2014年は新潟競馬)。1〜3番人気は5、4、3連対とまずまずの成績だが、6、9、14番人気からもそれぞれ2、2、1頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
2000円台…3回
3000円台…1回
4000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……1回

15年に6、9番人気の組み合わせで1万3320円と荒れ、12年にも9100円の高配当となったが、全体としては平穏に収まる傾向を見せている。

一方、3連単配当は6万円台、7万円台、1万円台、5万円台、13万円台、4万円台、4490円、61万円台、1820円、7230円。こちらはここ2年4けた配当で決着しているが、61万馬券や13万馬券が飛び出す波乱も。堅いか、荒れるかの見極めが必要となっている。ちなみに、3着には5、7、2、1、4、6、10、10、3、3番人気が入っている。

連対馬20頭のクラス(着順)別は、重賞(6、4、2、13、11、2、2、5、14、10、3、1、5着)組13頭、1000万下(3、1、1、6、4、3着)組6頭、500万下(1着)組1頭。重賞組が65%を占めているが、1000万下組以下にもチャンスは十分ある。

路線別(着順)はダービー(4、13、11、2、2、5、14、10、3、5着)組が10連対と他路線を大きくリード。春に頂点争いを繰り広げた実績はダテではなく、2けた着順からでも巻き返しが可能となっている。なお、連対した10頭中9頭は、「皐月賞→ダービー」のG1ローテーション。この方程式に該当する馬なら、さらに連対確率が高まる。

ほかでは阿賀野川特別(3、1、6着)組が3連対で続き、2連対でラジオNIKKEI賞(2、1着)組と信濃川特別(1、4着)組が並んでいる。


◎……ダービーとは別路線から参戦のタニノフランケルを本命に推す。前走の西部スポニチ賞で2着を4馬身ちぎって快勝。1000万下の勝利だったが、V時計1分45秒4は翌週の小倉日経オープンを0秒7上回っている。父フランケル、母ウオッカという超良血がようやく開花。大きく躍進する可能性を秘めている。重賞タイトルを手にして、母子2代のG1制覇へ前進する。

○……相手はレイエンダ。骨折のアクシデントで春クラシックは間に合わなかったが、ここまで負け知らずの3連勝。前走の勝ちタイム1分59分3は、同開催の函館記念のエアアンセムを0秒5上回る。まだ、準オープンの身だが、数字はすでに重賞レベル。無敗で菊花賞へ向かいたい。

▲……ギベオンは昨年12月の遅めのデビューで新馬、500万下と2連勝。続く毎日杯、NHKマイルCと2着に敗れたが、安定感は光っている。素材の良さは現3歳世代のトップ級。夏を完全充電に充て、秋初戦に照準を合わせてきた。

△1……前走のダービーでジェネラーレウーノは16着。スローの2番手でやや掛かり気味になり、末脚が甘くなった。中山は葉牡丹賞、京成杯と連勝して、皐月賞3着。間隔が空いての秋初戦となるが、コース実績は抜群。主導権を握れば怖い。

△2……コズミックフォースはダービートライアルのプリンシパルSを勝ち、本番を16番人気で3着。ダービー史上3連単最高配当の285万6300円の一端を担った。中山では京成杯でジェネラーレウーノと半馬身差の2着。前走がフロックといわれないためにも上位争いに加わりたい。

△3……春にブレステイキングはフリージア賞でギベオンと0秒1差の3着。続くダービートライアルのプリンシパルSでアタマ差2着に敗れ出走はかなわなかったが、前走・東京の500万下を快勝して再びトライアルに駒を進めてきた。戦績は目立たないが、キャリアは5戦と底を見せていない。

新着ニュース

ニュース一覧

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧