スポーツナビ

2016年3月26日(土)

11R
2016年3月26日(土)
3回中山1日
15:45発走

日経賞 GII

芝・右 2500m 天気:
馬場:
サラ系4歳以上 オープン (国際)(指定) 別定 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円

予想印

枠番 馬番 馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 フラガラッハ
2 2 マリアライト
3 3 ディサイファ
4 4 サウンズオブアース
5 5 アクションスター
6 6 コスモロビン
7 7 アルバート
8 8 ホッコーブレーヴ
8 9 ゴールドアクター

◎:本命、○:対抗、▲:単穴、△:連下

買い目

大多 9=4 9=3 9-7 4=3
綾恵 9=4 9=2 9-7 4=2
山田 4=9 4=8 4=1 9=8 9=1 8=1
たま 7=4 7=3 7=2 7=9

※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

予想

本命はゴールドアクター。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・2.33.0
一気の4連勝で有馬記念(G1)制覇。好位からの正攻法でサウンズオブアースらの追撃を封じ、栄えあるグランプリホースに輝いた。これで昨夏の500万V以降(6.0.1.0)と破竹の勢い。その全てを吉田隼とのコンビで挙げており、鞍上との息もピッタリだ。とにかく立ち回りが上手く、引き続き同舞台の中山内回りコースは絶好の舞台。斤量58キロでも主役の座は譲れない。

対抗はサウンズオブアース。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・2.30.5
重賞で2着5回の“シルバーコレクター 。前走・有馬記念(G1)は僅かクビ差で涙を飲んだが、前々走・ジャパンC(G1)5着に続いてトップクラスの地力を示した。引き続き同舞台でゴールドアクターより2キロ軽い斤量なら反撃必至。鉄砲も利くタイプで休み明けは4戦3連対。待望の重賞Vで今後に弾みをつけたいところ。

単穴はディサイファ。

実績:
距離・コース:
順調度:
(初距離)
今年初戦のアメリカジョッキークラブC(G2)を制して重賞4勝目。1頭だけ不利な57キロを背負いながら楽々と押し切り、格の違いを見せた。7歳の高齢だが、12キロ増の過去最高馬体重で快勝したあたり、今が充実期。先行・差し自在のレースぶりから内回りコースに替わるのも問題ない。ベテランの底力に要警戒。

抑えはアルバート。

今週のワンポイントアドバイス

◇中山11R・日経賞

1着馬に天皇賞(春)への優先出走権が与えられる。

過去10年の連対馬は(1)(6)、(3)(2)、(1)(3)、(4)(7)、(6)(4)、(1)(2)、(12)(2)、(1)(9)、(1)(10)、(4)(5)番人気で決まった(11年は阪神競馬)。5連対の1番人気には不満は残るものの、最多の5勝を挙げ、連対率でもトップとなっている。

馬連配当は
3けた…………3回
1000円台…1回
2000円台…2回
4000円台…1回
5000円台…2回
万馬券…………1回

12年に12、2番人気のワンツーで4万8480円と大きく荒れたものの、基本的には平穏に収まる傾向を見せている。

ステップは有馬記念組が6連対でトップ。次いで京都記念組5連対、アメリカJCC組3連対と続いている。

4連勝で挑んだ前走の有馬記念でアルバートは、後方から追い込んで3馬身半差の11着。先行勢が上位を占める流れの中で、4コーナーで外に振られるコースロスも痛かった。ステイヤーズSの5馬身差の圧勝劇を見ると昨夏以降の充実は本物。新コンビのルメール騎手で巻き返す。

新着ニュース

ニュース一覧

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧