2012年3月24日(土)

11R
2012年3月24日(土)
3回中山1日
15:45発走

日経賞 GII

芝・右 2500m 天気:
馬場:
サラ系4歳以上 オープン (国際)(指定) 別定 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円

予想印

枠番 馬番 馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 サンテミリオン
2 2 ネヴァブション
3 3 スノークラッシャー
3 4 アクシオン
4 5 マイネルキッツ
4 6 ユニバーサルバンク
5 7 ウインバリアシオン
5 8 ネコパンチ
6 9 ヤングアットハート
6 10 フェイトフルウォー
7 11 ケイアイドウソジン
7 12 コスモロビン
8 13 ルーラーシップ
8 14 トーセンラー

◎:本命、○:対抗、▲:単穴、△:連下

買い目

大多 13=7 13=10 13-5 13-14 7=10
綾恵 13=6 13=2 13-1 13-7 6=2
山田 7=10 7=9 7=13 10=9 10=13 9=13
たま 14=13 14=5 14=1 14=7 14=11

※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

予想

本命はルーラーシップ。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・2.33.0
古馬中距離のG2で3勝を挙げている実績馬。前走のアメリカJCC(G2)では不良馬場も問題にせず、外から豪快に突き抜けた。日本屈指の良血(父キングカメハメハ、母エアグルーヴ)で、本格化すればG1も十分視野に入る器。圧巻だった前走の内容から、馬場は問わないし、斤量57キロも全く不安がない。2カ月の休養明けでも鉄砲は利くタイプ。中心視していいだろう。

対抗はウインバリアシオン。

実績:
距離・コース:
順調度:
(初距離)
昨年の日本ダービー、菊花賞(ともにG1)では、それぞれオルフェーヴルに次ぐ2着。能力は世代トップ級で、スタミナ比べなら一線級相手でも引けを取らない。前走・京都記念(G2)では荒れた馬場にノメって6着と敗れたが、不良馬場のダービーではうまく対応しており、道悪でも見限れない部分がある。休み明けを叩いて状態は型通りに良化。逆転候補の1番手だ。

単穴はフェイトフルウォー。

実績:
距離・コース:
順調度:
(初距離)
昨年のセントライト記念(G2)を優秀な時計で制覇。その勝利が休み明けの競馬だったことからも、鉄砲は利くタイプだ。他にも中山では京成杯(G3)を勝った実績があり、コース適性はかなり高い。道悪をこなせれば、大駆けの可能性がある。

抑えはマイネルキッツ。穴はトーセンラー。

今週のワンポイントアドバイス

◇中山11R・日経賞

過去10年の連対馬は、1〜5番人気の5、3、4、2、3連対と6、7番人気の2、1連対。上位人気馬の好走で、伏兵馬の出番は少ない。

馬連配当は3けた〜1000円台6回、2000〜3000円台3回、5000円台1回(02年は枠連)。09年の5370円が最高配当で、平穏に収まる傾向を見せている。


前走の京都記念でトーセンラーは4着。3カ月半ぶりで伸び切れなかったが、今年初戦としては上々の成績だった。昨年のきさらぎ賞でオルフェーヴルを破った実績があり、菊花賞3着の力量馬。叩き2戦目で自慢の末脚がさく裂する。

新着ニュース

ニュース一覧

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧