ファンが選ぶ! 最強スポーツ漫画ランキング

記事

昭和のスポ根漫画から、斬新な切り口の話題作まで、ベスト30にはバラエティーに富んだ作品が揃った【YOJI-GEN】

 スポーツナビでユーザー投票を実施した「ファンが選ぶ! 最強スポーツ漫画ランキングTOP30」。ユーザーの支持を最も多く集めたスポーツ漫画は?

※ランキング上位と解説コラムはスポナビアプリのみでご覧いただけます。

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

スポーツナビアプリ
スポーツナビアプリ 無料ダウンロード
iPhone版ダウンロードボタン Android版ダウンロードボタン
QRコード
対応OS
iOS 15.0以上
Android 8.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

 アンケート回答者のコア年齢層が40代だった影響もあるかもしれないが、スポーツ漫画の王道とも呼べる“不朽の名作”が上位を占めた。

 競技部門別では、野球の強さが目を引く。トップ10には1966年から連載がスタートした「野球漫画の草分け」「スポ根漫画の元祖」である『巨人の星』(4位)など3作品が、30位以内でも最多の11作品がランクインしている。

 同様に「野球漫画の最高峰」といった声が多く寄せられた『ドカベン』(5位)は、言わずと知れた故・水島新司氏の代表作。『大甲子園』や『ドカベン プロ野球編』など続編を含めたシリーズ総巻数は205巻に及び、主人公の山田太郎や岩鬼正美ら「個々のキャラクターが際立っていた」ことや、「リアルとフィクションの絶妙な融合」も、長く愛された理由だろう。

 現在も続編『MAJOR 2nd』が連載中の『MAJOR』(11位)や、リアルな描写が特徴的な『ダイヤのA』(18位)など比較的最近の作品もトップ20に食い込んだが、野球漫画で最高位の2位にランクインしたのは『タッチ』だ。「野球だけでなく、揺れ動く人間模様も描写した点が良かった」「スポ根熱血路線の野球漫画の世界を終焉させた歴史的作品」と、高校野球とラブコメの二本軸のストーリー構成が高く評価されている。

 ちなみに、作者・あだち充氏の野球漫画は、ほかにも『H2』(17位)、『MIX』(26位)の2作品がトップ30にランクインした。

 一方、サッカー漫画は5作品が30位以内に入った。「サッカーにデスゲームの要素を加えた世界観が斬新」という『ブルーロック』(14位タイ)や、「Jユースを題材にした視点が面白い」という『アオアシ』(20位タイ)も30代を中心に支持されたが、トップ10入りは、国内外を問わず多くのプロサッカー選手に多大な影響を与えた「サッカー漫画の金字塔」、『キャプテン翼』(3位)のみだ。

 1981年の連載スタートで、「当時メジャーではなかったサッカーを題材にしたところが斬新」であり、「この漫画がなければ、日本サッカーはこれほど強くならなかった」といった声も多数寄せられている。

 これら野球とサッカーの不朽の名作を抑え、54.5パーセントという圧倒的な得票率で1位に輝いたのは、バスケ漫画の『SLAM DUNK』だった。

 1996年の連載終了から四半世紀以上の時を経てもこれだけの支持を集めるのは、「世代を超えて楽しめるストーリー性の高さ」や「バスケに詳しくなくても感情移入ができる個性的なキャラクターが揃っている」ことが、大きな理由だろう。不良少年・桜木花道のバスケを通した成長物語が軸だが、「すべての登場人物が魅力的で主人公みたい」といった声が相次いだ。

 さらに「試合描写がリアルで臨場感がある」うえに、「あきらめたらそこで試合終了ですよ」など、数々の名セリフでも読者を魅了する。また、昨年末に映画『THE FIRST SLAM DUNK』が公開されて国内外で人気が再燃したこと、そして来年のパリ五輪出場権を獲得したバスケ男子日本代表の活躍も、今回のランキング結果に小さくない影響を与えたはずだ。

 その他では、ボクシングとテニスの新旧2作品が、それぞれトップ10入りしている。

「伝説的ボクシング漫画」の『あしたのジョー』(6位)が不良少年、現在も連載が続く『はじめの一歩』(9位)がいじめられっ子と、主人公の設定は異なるが、いずれも「ボクシングに出会ったことで、困難に立ち向かいながら人間としても成長していくストーリー」が読者の共感を呼んでいる。どちらも「時代を超えて訴える力のある作品」と言えるだろう。

 一方、8位の「テニスの王子様」と10位の「エースをねらえ!」は、同じテニス漫画でもストーリー展開は対照的だ。恋愛要素も盛り込んだスポ根漫画の後者に対して、前者はイケメン揃いの個性的なキャラクターが繰り出す、常人離れした技が魅力の作品。独自の“テニプリワールド”が描かれ、「人生に疲れた大人に読んでほしい」との声も。

 ランキングで異彩を放つのが、2012年の連載開始で、トップ10圏内では最も新しい作品ながら7位に食い込んだ『ハイキュー‼』だろう。バレーボールという漫画として扱うにはマイナーな競技を題材としながら、その競技人口の拡大に一役買い、いまや国内はもちろん海外でも人気を博しているという点で、『SLAM DUNK』や『キャプテン翼』に通じる部分がある。

「バレーボールの深い知識がなくても楽しめる」「プレー描写がリアル」「キャラクターの個性が立っている」──。2020年に惜しまれながら連載は終了したが、スポーツ漫画として長く愛され続ける要素が、すべて詰まった作品だ。

(企画・編集/YOJI-GEN)

関連リンク

編集部ピックアップ