IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キズナ
富士通レッドウェーブの“顔”町田瑠唯
野球好き少女のバスケットとの出会い

兄、姉、瑠唯の試合が重なった日は父母、祖父が分担して応援

富士通レッドウェーブではキャプテンも務め、名実ともにリーダーの町田
富士通レッドウェーブではキャプテンも務め、名実ともにリーダーの町田【バスケットボールキング編集部】

 旭川市立緑が丘中学校に進学した町田は、高田さん、西側萌さんというミニバス時代からの親友とともに1年生から、しかも入学して間もないの春季大会からユニフォームをもらっている。顧問に乞われて週に1回、外部コーチとして携わっていた茂典さんは「1年生の春季からユニフォームをもらうと、周りは『あれは(父親の)町田さんがコーチをしているからだ』という目にもなってしまう。だから先生に『それはまずい』と伝えたら、先生が『いや、それは私が責任を取りますから』と言うんです。でもこっちからすると、冷たい目を浴びるのは私たちなんだけど…って(笑)」と当時を振り返る。


 そんな今でこそ笑える思い出話も、当時は苦心したに違いない。そうした父親の熱さを一身に浴びながら、町田は徐々に力をつけていき、3年生の時には山形県で開催された「全国中学校バスケットボール大会」に出場している。


 町田を含めた仲間たちの頑張りを母のルミさんが振り返る。


「あの子たちは全体的に志のある子たちばかりでした。いつもウチに集合して、バスケットの勉強会を開いていました。ノートなんかも持ち寄って」


 すると、また茂典さんが話を“スティール”する。


「それは私が仕向けたことだよ。練習や試合の後はたいていウチでミーティングをしていた。作戦盤を使ったり、ビデオを見たりして、『ここはこう動いた方がよかったな』とか。それで私が仕事で試合に行けない時も子どもたちだけでやっていたんです。


 ただ、普通じゃないですよね。だってあの頃って女子中学生が集まったらプリクラを撮るのがはやっていた時代。それが作戦盤を中心にして集まっていたんだから。家の外にあるリングで練習をしたこともありました」


 当時は兄が野球で姉はバレーボール、町田がバスケット。頻度こそ多くはなかったが3人の試合が重なった時は、兄の野球には社会人野球で活躍した父方の祖父が、姉のバレーボールには経験者の母が、町田には父が試合会場に行くと分担していたそうだ。


「これは瑠唯が高校に行ってからだけど、兄ちゃんの大学野球を見て、その足で瑠唯のバスケットを見に行ったこともありました。忙しかったけど、楽しかったですね」と、茂典さんがこう明かせば、今度はルミさんが言葉をつなぐ。


「3人とも『応援に来なくていい』と言う子がいなかったのは助かりました……まぁ、言われても、こっそり見に行っていたと思いますけどね(笑)」


 そんな母・ルミさんについて、町田はこう語っている。


「小学生のときも、中学に入ってからも変わらないんですけど、恥ずかしいくらいに応援してくれるんです。シュートが入るととても喜んで、他の保護者たちにハイタッチを求めたりしていました。嬉しかったですけど、ちょっと恥ずかしさもあったかな。


 ただお母さんもスポーツをしていたので、負けたら自分以上に悔しがってくれた。勝ったり、選抜に選ばれたりすれば自分以上に喜んでくれましたね」


 物心ともに両親の温かい……いや、熱い支えを受けた町田は次のステップとして、札幌山の手高校へと進んでいく――。

プロフィール

【バスケットボールキング/兼子愼一郎】

町田瑠唯(まちだ・るい)


1993年3月8日生まれ。北海道出身。富士通レッドウェーブ。ポイントガード。背番号10。162センチ/57キロ。札幌山の手高校では下級生の頃から試合に出場。3年次にはインターハイ、国体、ウインターカップの3大大会にて優勝を果たした。高校卒業後、2011年に富士通に入団。1年目から試合経験を積むと、そのシーズンはWリーグのルーキー オブ ザ イヤーを獲得した。また、ベスト5にはこれまで4回受賞。アシストのタイトルも4度獲得している。

スピードあふれるドリブルからのシュートに加え、センス抜群のパス。加えてディフェンスなどでの貢献も大きい。日本代表では2016年のリオデジャネイロ・オリンピックをはじめ、数々の国際大会に出場し、アジアカップ4連覇中のチームの主軸として奮闘している。

三上太

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント