ロッテ藤岡裕大がたどり着いたプロの舞台
苦い過去乗り越え、遊撃の座を射止める

中村、鈴木ら先輩に「ついていきたい」

二遊間を組む中村(写真右)、キャプテン鈴木ら先輩選手ともコミュニケーションを取り、その先輩たちに「ついていきたい」と話す
二遊間を組む中村(写真右)、キャプテン鈴木ら先輩選手ともコミュニケーションを取り、その先輩たちに「ついていきたい」と話す【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

 今、最も磨きたいのは守備力だ。二遊間を組む中村奨吾から学ぶことも多い。


「『俺は一、二塁間に寄るから』とか、『この打球は裕大が捕りに行って』とか、奨吾さんが細かい指示をくれるおかげで、だいぶ落ち着いてプレーできています。一年目で打者の特徴もつかみ切れていないので、経験ある奨吾さんを頼りにして、ちゃんと動きたいです。まだまだエラーも多いですし、内野安打も多く与えてしまっているので、そこをアウトにできるように技術を高めていきたいですね」


 ひとつの試合が終われば、またすぐに次の試合がやってくる。プロはアマチュアよりも試合数が格段に多い。当然、良いことばかりではないから、気持ちを切り替える大切さを理解していても「今日は打てなかった……」と、つい試合後のロッカーで嘆いてしまうこともある。


「極端に落ち込んだり喜んだりすることはなくても、打てなかったときに、しゅんとなったりすることはあるので、切り替えの上手さを見習わないといけないなと思います。試合が終わって自分が打てなかったことを口に出してしまったときに、(鈴木)大地さんが、『そういうときもあるし、打てるときもある。切り替えていこう』と言ってくれて、どんな状態の日も変わらずに明るく接してくれるので、自分もプロで経験を積んで、同じようになっていけたらと思います。プロの選手は気持ちに波がない。一日一日、必死に勝とうと頑張っている先輩方の姿に、自分もついていきたいです」


 藤岡裕の野球人生は、常に自信に満ちているわけではなかった。それでも、周りの人に支えられ、全ての逆境を実力で跳ね返してきた。ようやくたどり着いたプロの扉。その先にもまた、たくさんの仲間が待っていた。



長谷川美帆(千葉ロッテマリーンズオフィシャルライター)

千葉ロッテマリーンズ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント