IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岩田卓也、亡き母と共に歩んだクラブW杯への道
“見えないチカラ”に導かれて立つ夢の舞台

人生の潮目を変えた”ひと言”

左足の高い技術と思い切りの良いプレーでチームの信頼を勝ち取った
左足の高い技術と思い切りの良いプレーでチームの信頼を勝ち取った【写真:アフロ】

「悲しさを忘れる意味でも、サッカーは続けたい」との思いで、オーストラリアに戻ってすぐ加入したエッジヒル・ユナイテッド(実質3部)の練習には、「母」をいつも大事に抱えて通った。試合の日はいつも、ドレッシング・ルームのロッカーの片隅から、「母」に見守ってもらった。


「(母に)見られていると思うと下手なプレーはできない」。そう思うと、慣れない異国のプレーでも気負わずに自然体で臨めるようになり、自分でも驚くほどに結果が出るようになった。エッジヒル・ユナイテッドでの岩田はチームの絶対的な存在として、クラブがリーグのタイトルを総なめするのに大きく貢献、自らもクラブの年間MVPに輝く。


「皆に必要とされて、本当に心からサッカーを楽しめた」という、このケアンズでの大活躍が、オーストラリアのトップリーグ・Aリーグのクラブでの練習参加、上位リーグのクィーンズランド州リーグ(二部相当)のチームに引き抜かれることへとつながった。


 このころと時を同じくして、サッカー・キャリアの潮目を大きく変える出来事を経験する。ケアンズでひょんなことで知り合った日本人に、「ニュージーランドに渡り、オークランド・シティに入団すればクラブW杯に出場できる」と教えられた。その瞬間から、岩田は “クラブW杯への道”を歩み始めた。

“見えないチカラ”に導かれて

 照準を「オークランド・シティ入団」にピタリと合わせ、ニュージーランドに乗り込んだ岩田に迷いはなかった。すぐにオークランド・シティのグラウンドにアポなしで乗り込み、つたない英語で入団をトリブリェット監督に直訴。監督は、見慣れぬ東洋人の突然のアピールにも嫌な顔ひとつせずに、提携クラブのセントラル・ユナイテッド(NZ国内2部相当)への練習参加を手配してくれた。


 セントラル・ユナイテッドには、練習参加後にすんなり入団が決定。さらに入団直後、左サイドバックのレギュラーがけがで離脱したことで、ポジションが空く幸運にも恵まれた。その幸運を逃さずに努力を続けた岩田は、念願のオークランド・シティ入団のビッグチャンスを自らつかみ取る。左サイドバックのレギュラーだったニュージーランド代表の選手が海外移籍、オークランド・シティがその後釜を探していたという偶然が重なったのだ。


「そういう(超常現象みたいな)のは普段は全く信じないんですが、ここまで、物事が良い方に転がるのは、母がいつも見守ってくれているおかげだと思うようになりました」。


 何とも説明の付かない “見えないチカラ”に導かれ、夢の実現までもう一歩というところまで岩田は歩を進めた。

憧れのカズに近づく夢舞台

 12年10月のオークランド入団後も好調を維持、日本仕込みの技術と思い切ったプレーでチーム全体の信頼を勝ち取った岩田は、左サイドバックのレギュラーポジションを奪取。11月にはリーグのベスト・イレブンに選ばれた活躍が認められ、11月26日に発表された遠征メンバーに正式に選ばれた。祖国日本での夢舞台のチケットを手にしたとき、岩田はケアンズから歩み始めた“クラブW杯への道”を踏破した。


 12月6日、オークランドでは配達の仕事と兼業しながらプレーする“タク”が、横浜国際総合競技場のピッチに立つ。その瞬間、海外チーム所属でクラブW杯に凱旋(がいせん)出場する日本人選手として、自らも尊敬してやまない“キング”こと三浦知良(現・横浜FC)、同じオークランドのユニホームで戦った大先輩・岩本輝雄といった偉大な先達に肩を並べる。


“見えないチカラ”に導かれた夢舞台。90分の至福の時間を駆け抜ける息子の晴れ姿を、父と妹のひざに抱かれた「母」がスタンドのどこかで見守るだろう。その「母」への感謝の思いを胸に、オークランドの背番号3は躍動する。


<了>

植松久隆

1974年福岡県生まれ。豪州ブリスベン在住。中高はボールをうまく足でコントロールできないなら手でというだけの理由でハンドボール部に所属。浪人で上京、草創期のJリーグや代表戦に足しげく通う。一所に落ち着けない20代を駆け抜け、30歳目前にして03年に豪州に渡る。豪州最大の邦字紙・日豪プレスで勤務、サッカー関連記事を担当。07年からはフリーランスとして活動する。日豪プレス連載の「日豪サッカー新時代」は、豪州サッカー愛好者にマニアックな支持を集め、好評を博している

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント