IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元春高のヒロインがビーチに転向
宮川紗麻亜、太陽の下でのデビュー戦

「好き」という気持ちを忘れていた

「サマー」という名前のとおり、夏のビーチで輝くことができるか
「サマー」という名前のとおり、夏のビーチで輝くことができるか【写真:横山健太】

──宮川さんは、高校時代は「春高のアイドル」だったんですよね。


 騒いでもらいましたね(笑)。でも、一つ下の世代だった『メグ・カナ』(栗原恵・大山加奈)があまりにもすごい人気だったので、私の代はかすんでいるんですよ(笑)。それに実力というよりも、『サマー』という名前がめずらしかったんだと思います。


──高校卒業後、なぜ大学に進学したのですか?


 Vリーグに行くか、大学に行くか、二つの選択肢がありました。バレーボールは小学一年のときからやっているので、正直に言うと「高校でやり切った、少し休憩したい」という思いがあったので、大学に行こうと決めました。でも、大学に入学してみると、現実は厳しくて自分の思い描いていたように息抜きはできないし、1、2年のときは「やってられない」と思ってぐれたときがあったんですよ(笑)。ときには、練習を休んだこともありました。今思うと、高校時代の延長という気分で調子に乗っていたんです。だけど、大学のバレー部は大人数だし、そのうち自分のわがままは通じないとわかってきて、3年になってからはちゃんと更生しました(笑)。4年のときには主将を任せてもらい、上級生として責任を果たせるようにがんばってきたつもりです。今思えば、大学を卒業して、GSSに入社して社会人を経験をしたことは、よかったと思っています。あのまま実業団に行っていたら自分自身、調子づいたまま大人になっていたのではないかって。


──逆に、今バレーをやっていなかったのでは?

 

 はい、やっていなかったと思います。今まではすごく恵まれていて、バレーをやれるのが当たり前の環境にいたので、好きという気持ちを忘れていたような気がします。ビーチバレーを始めて、プロとして自分で動くようになってから、やっと私はバレーが好きなんだってわかりました。

試合を重ねるたびに成長していきたい

──本格的にビーチバレーをやってみてどうですか?


 バレーボールとは、全然違いますね。一つ一つのパス、トスにしても、風があるので難しいです。最初はスパイクも思ったよりジャンプできなくて、自分では「こんなんじゃないのに」って思いました。自分の思い描くイメージってあるじゃないですか?


──全盛期のイメージですか?


 そうです、こんなにできないものかって思いました(笑)。今はだいぶ慣れてきましたけど、まだ完全に戻ってはいないですね。ただ、キャッチがちゃんと上がればスパイクも打てるし、決められる手ごたえはあります。今シーズンは一年目で、保立にも「思いっきりやればいいよ」って言われているので、細かいことをあまり考えずに、思いっきりやらせてもらおうかなって思っています。


──開幕戦を終えてみて、収穫と課題は?


 3位になって率直にうれしかったです。初めての経験だったので、ガチガチに緊張してしまったんですけど、ミスを恐れてばかりだと後悔が残るし、そうなったら楽しくないと思ったら迷いが吹っ切れました。課題に挙がったのは、気持ちの部分。練習ではブロックに引っかかることはあまりなくても、試合で一度ブロックに引っかかってしまうと、ショットに走ってしまったりミスが多くなる。自分の武器である強打が決まるのも、自分の気持ち次第だと思うので、試合を重ねるたびに成長していきたいです。そして派手なプレーほど、ミスを減らして点数につなげられる選手になっていけたらと思います。


 今回の開幕戦で大いなる可能性を魅せた宮川は、夏に生まれたから「紗麻亜(Summer)」と名づけられたと言う。28歳で迎える今年の夏は、観客の視線をくぎ付けにしそうな予感と期待を抱かせる。


「ようやく太陽の下で、プレーするときがやってきましたね」(宮川)

 

 第二のバレー人生にビーチバレーを選んだ宮川紗麻亜が、再び輝きを放ち始めた。


<了>

◇プロフィール◇

宮川紗麻亜/Summer Miyagawa

1983年8月17日生まれ。27歳。山梨県韮崎市出身。身長171センチ。中学時代は山梨選抜に抜擢され、八王子実践高時代は第31回春の高校バレーで準優勝、第32回春の高校バレーで3位に輝き、一躍注目を浴びた。日本女子体育大時代は4年時に主将を務めた。卒業後は、GSSに入社しエースとしてチームをけん引。2010年3月に退社し、11月からビーチバレーに転向、2Y&A所属。

『ビーチバレースタイル』5月号表紙
『ビーチバレースタイル』5月号表紙【写真/ビーチバレースタイル】

■ビーチバレースタイル2011年5月号 『特集 日本代表・決意表明』


 5月号の特集内容は、ロンドン五輪予選に挑む田中姿子・溝江明香、浦田聖子・西堀健実ら日本代表チーム&指揮官にインタビュー。五輪予選の仕組みも、わかりやすく解説している。ロングインタビューでは、トップランカーの白鳥勝浩が登場。朝日健太郎とペアを組んでいた5年間を赤裸々に振り返り、新シーズンの抱負を語る。その他、パフォーマンス向上のカギを握る『スポーツ栄養学を語ろう』、『メディカルアドバイス』などの新連載が始まった。

吉田亜衣/ビーチバレースタイル

ビーチバレースタイル/2009年4月創刊。国内トップ選手の情報、大会レポート、技術指導、トレーニング論など、ビーチバレーを「見る」「やる」両方の視点から、役立つ情報が満載。雑誌のほかに、ビーチバレースタイルオンラインとして、WEBサイトでも大会速報、大会レポートなど、ビーチバレーに関する報道を行っている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント