<国内男子ゴルフ>祝・欧州初制覇! 星野陸也が描くストーリー

チーム・協会

【DPワールドツアー】

最後18番は、決めれば初制覇のパーパット。
「きょうはほんとうに、楽しむってことを一番意識していたんですけど、最後はシビれてしまって。心臓の音が聞こえるくらい、緊張していた」という。

まだ、興奮気味だったグリーンサイドでの優勝インタビュー。
「ほんとにたくさんの方に支えられてこの舞台にこれてますし、ほんとにたくさんの方に感謝しかない」と、喜びを語った。

「昨年のオーストラリアの2戦で悔しい2位だったので、ここで優勝することができて非常に嬉しいです」と、言った。

星野陸也が、欧州・DPワールドツアーの「コマーシャルバンクカタールマスターズ」で歓喜のリベンジを成功させた。

【DPワールドツアー】

※リンク先は外部サイトの場合があります

茨城県笠間市出身。
6歳からゴルフを始めた。

米女子ツアーで活躍する畑岡奈紗さんとは同郷の幼なじみで、今も元日の打ち初めは欠かさない。

水城高校時代に関東ジュニアで連覇。
日本大学に進んだが、2年途中で中退してプロ宣言。

QT1位の資格で参戦した2017年にすぐシードを獲得し、2018年「フジサンケイクラシック」での初優勝を皮切りに、6勝を重ねて一昨年の賞金ランキングは2位に。

欧州・DPワールドツアーの出場資格を得て本格参戦し、昨季のポイントランキング81位でシード入りを果たしてすぐ、昨年11月に豪州で行われた24ー25年の開幕戦では、2週連続の2位に終わっていた。

特に2戦目は、ホアキン・ニーマンとのプレーオフで、2ホール目にイーグルを獲られて敗退。

「悔しかったし本当に惜しかった。勝ちたかった」と歯がみをしたが、同大会は全英オープンの予選も兼ねており、「出場権が獲れましたし、経験ができたのは良かったと思う」と、苦杯を初優勝への糧とした。

昨年の参戦当初は、現地に行っても出られるかどうかという状況で、当てもない異国の転戦に神経をすり減らした時期もある。
「味噌汁飲みたい、帰りたい」と、ホームシックも一度や二度ではなかったが、励みになったのは昨季の久常涼の躍進。

初優勝⇒ポイントランキングトップ10⇒PGAツアー参戦へとつなげたルートの踏襲が、今季一番の目標だ。
「そのためにはおそらく1勝では足りない。自分は2勝以上はしないとダメと思っています」と昨年末にも話していた。

仲間やJGTOスタッフは、親しみをこめてみなこう呼ぶ。
“リッキー”のサクセス物語はいま、始まったばかりだ。

【DPワールドツアー】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が運営する公式サイトです。 男子プロゴルフツアーの大会スケジュールや試合のLIVE速報、試合結果、選手のランキングデータの情報はもちろん、各試合の最新ニュースやトピックス等をお届けします。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント