「みちのくの安打製造機」銀次の名場面トップ3を動画で振り返る

パ・リーグインサイト
チーム・協会

銀次選手 【写真:球団提供】

盛岡中央高校から地元・東北のチームに入団し、18年間にわたってプレーしてきた

 11月22日、東北楽天の銀次選手が現役引退を表明した。銀次選手は球団発足2年目のドラフトで盛岡中央高校からイーグルスに入団し、地元・東北のチームで18年間にわたってプレー。生え抜きの中心選手として、チームの成長と躍進を支え続けた存在だった。

 今回は、イーグルス一筋のキャリアを過ごした銀次選手の球歴に加えて、銀次選手が残した名場面のトップ3を、パーソル パ・リーグTVの動画とともに紹介。驚異的な固め打ちから現役最後の安打まで、「みちのくの安打製造機」が見せた雄姿をあらためて振り返っていきたい。

3番打者として2013年の優勝に貢献し、その後も中心選手として活躍を続けた

 銀次選手がキャリアを通じて記録した、年度別成績は下記の通り。

銀次選手 年度別成績 【(C)PLM】

 銀次選手は2005年の高校生ドラフト3巡目で、捕手として東北楽天に入団。プロ入り後に内野手に転向して二軍で研鑽を積み、7年目の2012年に初めて規定打席に到達。当時の極端な投高打低の環境において打率.280を記録し、レギュラーの座を獲得してみせた。

 続く2013年も主力選手として奮闘し、シーズン途中からは3番打者に定着。激しい優勝争いの中で打率.317と結果を残し、クライマックスシリーズと日本シリーズでも全試合で3番として出場。球団史上初のリーグ優勝・日本一にも、中軸として多大な貢献を果たした。

 続く2014年は自己最高の打率.327を記録し、糸井嘉男選手と熾烈な首位打者争いを展開。惜しくもタイトル獲得はならなかったものの、三塁手部門のベストナインに輝いた。その後も主軸として活躍を続け、2017年には一塁手部門でベストナインとゴールデングラブ賞を受賞。卓越した打撃技術と高いユーティリティ性は、チームに欠かせないものだった。

 2019年には規定打席に到達したうえでの打率.300超えを5年ぶりに達成し、キャリア最多の161安打を記録。2020年以降はやや出場機会を減らしたものの、2022年には代打の切り札として随所で勝負強さを発揮するなど、近年に至るまで存在感を発揮。銀次選手が残した通算1239安打という記録はは、東北楽天の生え抜き選手としては史上最多の数字だ。

 ここからは、銀次選手が残した名場面のトップ3を、実際のプレー映像とともに紹介していきたい。

1試合で5打数5安打、全方向に安打を放つ離れ業(2019年5月8日)

 銀次選手はこの試合で、第1打席でレフト前、第2打席で二塁内野安打、第3打席で再びレフト前と、最初の3打席で早くも猛打賞を記録。さらに、4打席目ではセンター前に安打を放つと、2点を追う9回にはライト前へ。全方向に安打を放って1試合5安打という、巧打者ならではの離れ業を披露した。

急造捕手で盗塁を刺殺し、4イニングを無失点に抑える大活躍(2019年4月7日)

 銀次選手は捕手としてプロ入りしたものの、一軍の試合に捕手として出場したことはこの試合まで1度もなかった。しかし、チームが捕手を使い果たしたことでプロ14年目で初めて一軍でマスクを被ると、直後の9回裏には見事に盗塁を刺殺。その後も急造捕手とは思えない堂々たるプレーを披露し、延長も含めた4イニングを無失点に抑える大活躍を見せた。

現役生活最後の安打が決勝タイムリー(2023年9月25日)

 同点の9回・1死満塁の絶好機で代打に送られた銀次選手は、好投を続けてきた伊藤大海選手から、シーズン初安打となる値千金の決勝打を放つ。結果的に現役生活最後のヒットとなった一打は、銀次選手らしさの詰まった巧みなバッティングによるものだった。

卓越した打撃技術を活かした天才的な打撃で、東北出身者としてチームを盛り上げた

 球団発足後間もない時期から、生え抜きとしてチームに在籍し続けた銀次選手。サヨナラの場面における抜群の勝負強さや、チーム事情に応じてさまざまなポジションをこなしながら見せてきた好守によって、幾度となくチームを救ってきた大功労者だ。

 卓越したバットコントロールから放たれる天才的な安打の数々や、美しいバット回しといった華のあるプレーの数々は、パ・リーグファンの記憶に強く刻まれるだろう。

文・望月遼太
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

新着記事

編集部ピックアップ

世界1位シェフラーがマスターズ2勝目 松…

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント