ロッテ 吉井監督 オールスター休みに選手たちに伝えた事。筑波大学大学院で学んだコーチング理論を実践

千葉ロッテマリーンズ
チーム・協会

千葉ロッテマリーンズ吉井理人監督 【千葉ロッテマリーンズ提供】

  CHALLENGE SKILL。オールスターブレークを終えて選手たちがZOZOマリンスタジアムに戻ってきた7月19日。吉井理人監督はロッカーに全員を集め、おもむろにホワイトボードにそのように書き込んだ。

  「チャレンジすなわちその人の挑戦すべきことであり課題。そしてスキルは自分の力。このバランスが大事。スキルが身についていないのにチャレンジばかりしてもなにも出来ない。けど、スキルはあるけど、チャレンジをしない人はもうそれ以上は伸びていかない。少しずつ確実に成長をしていくのはこのバランスが大事なんだ。そしてそのためにも自分を知ることが必要。自分のスキルはどんなもので、そこから考えたらどのようなチャレンジをすべきかとね」

 まるで学校の先生のように指揮官は手運びできるほどの小さなホワイトボードに書き込みながら優しい口調で説明をした。10分ほどの短い時間。選手たち全員を集めて言葉を発したのは3月31日のホークスとの開幕戦(PayPayドーム)の試合前以来の事だった。

 「ワシもゴルフで出来もしないのに、ロングホールで300ヤード飛ばしたろうとか思って打つと大体、OBになる。そんな技術もないのに、この林の隙間を抜いてグリーンを狙ってやろうと思って上手くいったことなんてない。自分をしっかりと知ってもらって、なににチャレンジするか考えて欲しい」と吉井監督。

 これらの事は14年から16年に筑波大学の大学院に通っていた時に教えてもらったことだ。 CHALLENGE SKILLは同じ学生から聞いて、なるほどと思った。「学生と言ってもワシよりはるかに年下やけどね。でも、あの時はすべてが新鮮で学びだった」と当時を振り返る。そして今、プロ野球監督として筑波大学大学院で学んだコーチング理論を実践している。

 「前半戦の最後の方は少しやっている野球に綻びが見えたり、集中力が落ちているようにも感じた。後半戦が始まる前に新しい刺激という意味でも、なにか話さないといけないと思った。自分を知ってもらいたい想いと、自分の出来る範囲で挑戦して欲しいということ」

 結果的にマリーンズは後半戦最初のカードで同一カード3連勝と最高のスタートを切った。その後も指揮官が願うように、それぞれが自分を見つめ直し、課題を見つけながら一歩一歩と進んでいった。勝てば2位、負ければ4位という仙台でのシーズン最終戦を完勝。本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われたクライマックスシリーズファーストステージも劇的な展開でホークスに勝利しファイナルステージにすうんだ。言葉を大切にしながらタクトを振るい続けた一年だった。吉井監督が来シーズン、どのような言葉を発し、勝利を積み重ねていくのか。その言葉にも注目だ。

千葉ロッテマリーンズ広報室 梶原 紀章
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

球団に関するニュース、球団広報によるコラム、オフィシャルライターによるチームのこぼれ話や球団情報をお届けします。お楽しみに!!

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント