<国内男子ゴルフ>ABEMAでちむどんどん済み! 嘉数光倫が狙うプロ日本一の初V

チーム・協会

【自分に打つ克つ©JGTOimages】

「第89回日本プロゴルフ選手権大会 8月4日ー7日、グランフィールズカントリークラブ(静岡県)7219yard・par71 ▼ 6日(大会3日目)

レギュラーで初の最終日最終組だが、すでに“ちむどんどん”済みだ。

3差の2位で堀川を追いかける嘉数光倫(かかず・てるみち)は、「つい最近、経験してきたばかりですので。いいイメージがある」と、最終日もABEMAツアーの経験をフル活用する。

この日3日目は、4人タイの首位だったが、最終組のひとつ前に組み込まれて善戦。
右手前20ヤードのラフからチップインした4番から3連続を記録するなど前半4つのバーディで、堀川と併走した。

「後半も状況は良かったが、一筋違って入らない、というのが続いた」と、後半12番で、5メートルを逃してボギーを叩いたあと伸び悩んだが、危なげなくパーを重ねて通算11アンダーで回りきった。

レギュラーツアーでは初となるが、2週前のABEMAツアー「JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP CHALLENGE in FUKUI(ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップイン福井)」では最終日最終組を経験したばかり。

アマチュアの高宮千聖(たかみや・ちさと)さんに1差で競り負けたが、その時のゲーム運びに大きな手応えをつかんだ。

レギュラー昇格をかけた、いわゆる二部ツアーとはいえ「どのステージ、どのレベルでも優勝争いはシビれるし、緊張するもの。自分の思考回路次第でバタバタすることもあると思うんですけど、直近の優勝争いが効いているかなと思います」と、ABEMAの経験を、プロ日本一の舞台でも応用し、首位との3差も「追いかけるほうがやりやすい。上だけみてガンガン行く」と、追い風にする。

プロ13年で幾度かV争いの経験を経ながら、2018年にやっとつかんだシード権もすぐ翌年に陥落したが、「当時は絶対的に力が足りてなかった。特にパットでそれを感じていた」と、謙虚に受け止め練習に明け暮れた。

この5月には「クロスハンドでは使えない」と思い込んでいたピン型のパターに持ち替えたことも、「やってみると意外と振りやすい。めちゃくちゃハマった」と、向上につながっている。

「明日も弱い自分と強い自分がいると思うが、弱い自分に強い自分が勝てたらいいな」。

沖縄県名護市出身の32歳。
日本タイトルのツアー初優勝で、復帰50周年を迎えた故郷を“ちむどんどん”させる。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

日本ゴルフツアー機構 (JGTO)

一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が運営する公式サイトです。 男子プロゴルフツアーの大会スケジュールや試合のLIVE速報、試合結果、選手のランキングデータの情報はもちろん、各試合の最新ニュースやトピックス等をお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント