復調の兆しを見せる! 埼玉西武・森友哉が今季初の猛打賞を記録

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

◇埼玉西武対北海道日本ハム第13回戦(29日・ベルーナドーム)

 埼玉西武の森友哉選手が今季初の猛打賞を記録した。

 初回に先制の適時打を放つと、3回裏にも適時二塁打が生まれ、序盤に3打点。さらに6回裏には三塁打でチャンスをつくった。最終打席は四球に終わり、惜しくも自身初のサイクル安打達成とはならなかったが、結果3安打3打点を記録。チームの勝利に大きく貢献した。

 森選手は4月2日に右手人差し指を骨折し一時離脱。5月24日に一軍復帰したが、思うような結果が出ず苦しんでいた。しかし先日の試合で先制打を放つなど、ここ6試合中5試合で安打をマーク。復調の兆しを見せた。

◇森友哉選手 コメント

1回裏「打ったのはフォークです。逆らわずにうまく打つことができました。先制点でエンスを援護することができてよかったです」

3回裏「打ったのはフォークです。うまく拾えました。追加点を取ることができて良かったです」

文・北村彩実
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント