リチャードがリーグ単独トップの7号ソロも、鷹が首位攻防戦を落とす【6/29 二軍試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 6月29日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと阪神のウエスタン・リーグ公式戦第13回戦は、3対5で福岡ソフトバンクが敗れた。

 福岡ソフトバンク先発の田上奏大投手は、2回表に連打でピンチを招き、榮枝裕貴選手の犠飛で先制を許す。一方の打線は、3回裏にリチャード選手のリーグ単独トップとなる7号ソロで同点に追い付き、増田珠選手の適時打で勝ち越しに成功した。

 しかし5回表、田上投手は安打と2四球でピンチを背負うと、失策と井上広大選手、板山祐太郎選手の連続適時打で4失点。5回102球7安打4奪三振4四球5失点(自責点2)で降板した。以降は岡本直也投手が2イニングを無失点に抑えると、6回裏に渡邉陸選手の三塁打でチャンスをつくり、中谷将大選手の適時打で点差を縮める。

 8回以降は田浦文丸、泉圭輔が無失点でつないだが、打線が7回以降得点を挙げられず、3対5で試合終了。田上投手が5失点で降板も、中継ぎ陣が無失点に抑える好投を披露。打線は中盤以降好機をつくることができなかった。

  123456789 計
神 010040000 5
ソ 002001000 3

神 ○村上頌樹-馬場皐輔-島本浩也-S二保旭
ソ ●田上奏大-岡本直也-田浦文丸-泉圭輔

文・長谷川月人
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント