王柏融が一時勝ち越し本塁打も、北海道日本ハムが接戦を落とす【6/24 二軍試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 6月24日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた北海道日本ハム対巨人のイースタン・リーグ公式戦、第12回戦は5対6で北海道日本ハムが敗れた。

 北海道日本ハムの先発・齊藤伸治投手は、制球に苦しむ厳しい立ち上がり。2つの四球で2死1、2塁のピンチを背負うと、萩原哲選手に適時打を浴び、先制を許す。さらに死球で2死満塁とされると、暴投で2人の走者が一気に生還。0対3とリードを広げられる。2回以降は走者を背負いながらも無失点に抑える粘投も、3回を投げ切り降板。3回72球1安打5四死球3奪三振3失点の投球内容だった。

 打線は1回裏、2死から渡邉諒選手が四球で出塁。ここで、佐藤龍世選手の適時二塁打で1点を返すと、続く清水優心選手にも適時打が生まれ、2対3と1点差に詰め寄る。2回裏には、2死2塁と一打同点のチャンスをつくると、王柏融選手が左中間を破る適時二塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 3回表には、佐藤龍世選手がレフトへの8号ソロを放ち、4対3と勝ち越しに成功。またしても同点で迎えた4回表には、王選手に勝ち越しの2号ソロが飛び出し、5対4と1点のリードを奪った。

 後を託された救援陣は、4回表に姫野優也投手が登板。香月一也選手の3号ソロで同点にされるも、後続を抑え勝ち越しは許さない。5回表からは望月大希投手が登板し、2イニングを無失点に抑えると、7回表を宮西尚生投手が3者凡退に抑える。8回表は古川侑利投手が満塁のピンチを無失点に切り抜け、9回表はロドリゲス投手がマウンドへ。

 ロドリゲス投手は、安打に守備のミスも絡み、無死満塁のピンチを背負うと、押し出し死球で同点に追い付かれる。なおも満塁のピンチで、内野ゴロの間に3塁走者が生還し、5対6と勝ち越しを許す。打線は9回裏、走者を出すも無得点に抑えられ、悔しい敗戦となった。

 北海道日本ハムは救援陣が力投。3番手の望月投手が2イニングを無失点、4番手の宮西尚生投手が1イニングを3者凡退に抑える好投を披露した。打っては、佐藤選手と王選手が2安打1本塁打2打点の活躍で、首脳陣に好調さをアピールした。

  123456789 計
巨 300100002 6
日 211100000 5

巨 井上温大-井納翔一-○戸根千明-S沼田翔平
日 齊藤伸治-姫野優也-望月大希-宮西尚生-古川侑利-●ロドリゲス

文・谷島弘紀
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント