辛島航が2年ぶりの勝ち星。浅村栄斗が3打点の活躍で東北楽天が連敗ストップ【5/25 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月25日、甲子園で行われた阪神と東北楽天の「日本生命セ・パ交流戦2022」第2回戦は、6対1で東北楽天が勝利。連敗を「4」で止めた。

 東北楽天の先発は、実に566日ぶりの一軍登板となる辛島航投手。初回を無失点で抑えるも、2回裏に先頭の大山悠輔選手に8号ソロを浴びて先制を許す。打線は直後の3回表、2死から西川遥輝選手、小深田大翔選手、浅村栄斗選手の3連打ですぐさま同点に追い付く。4回表には先頭の辰己涼介選手が3号ソロを放ち勝ち越しに成功すると、5回表には1死1塁から浅村選手に7号2ランが生まれ、リードを3点に広げた。

 辛島投手は先制を許したものの、その後は粘りの投球を続け、5回までをホームランの1失点に抑える。6回表に代打を送られ、5回68球3安打1四球2奪三振1失点の内容で降板となった。6回裏は代わった鈴木翔天投手が3者凡退で抑えると、7回表には2死満塁から代打・銀次選手が2点適時打を放ち、6対1とした。

 7回裏は安樂智大投手、8回裏は宋家豪投手が無失点で抑えると、9回裏には守護神・松井裕樹投手が登板。大山選手に安打を許すも、最後は代打・熊谷敬宥選手を空振り三振に抑えて試合を締めくくった。

 5回1失点の先発・辛島投手は、2020年10月29日以来の勝利。「今日は太田のリードと、守りと打線ですね。僕はただ投げただけです」と淡々と振り返った。打線では、小深田大翔選手が猛打賞、浅村選手が本塁打含む2安打3打点の活躍を見せた。

  123456789 計
楽 001120200 6
神 010000000 1

楽 ○辛島航-鈴木翔天-安樂智大-宋家豪-松井裕樹
神 ●西純矢-加治屋蓮-齋藤友貴哉-石井大智

文・波多野瞭平
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント