和田毅が今季初白星! 柳田悠岐に一発が生まれ福岡ソフトバンクが勝利【5/22 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月22日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと千葉ロッテの第11回戦は、3対2で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクの先発は、今季初勝利を目指すベテラン左腕・和田毅投手。初回は球数を要しながらも無失点で抑えると、2回以降はテンポの良いピッチングを続け、4回まで無安打5奪三振の快投を続ける。

 援護したい打線は4回裏、先頭の今宮健太選手が一塁線を破る安打で出塁すると、柳田悠岐選手が初球を完璧に捉えて7号2ランを放ち、2点を先制。さらに1死から中村晃選手、デスパイネ選手、柳町達選手に3連打が生まれ、3点目を追加した。

 リードをもらった和田投手は、勝利投手の権利が懸かる5回表をわずか6球で三者凡退。6回表も簡単に2死を奪ったが、1番・高部瑛斗選手に今試合初安打を許すと、続く中村奨吾選手には粘られた末に11球目を適時二塁打とされて降板。一発同点の場面で後を受けた嘉弥真新也投手は、前日決勝弾を放ったマーティン選手を捕邪飛に抑えリードを守った。

 7回表は嘉弥真投手が先頭を打ち取ってマウンドを降りるが、3番手の津森宥紀投手がレアード選手に6号ソロを浴びて点差は1点に。しかし8回表は又吉克樹投手が先頭を出しながらも無失点で抑えると、9回表はモイネロ投手が登板。3奪三振の力投で試合終了となった。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の和田投手が5.2回82球2安打5奪三振1四球1失点の内容で今季初勝利。柳田選手の一発などで得たリードを5投手の継投で守りきり、同一カード3連敗を阻止した。敗れた千葉ロッテは、中盤以降反撃するもあと一歩及ばなかった。

  123456789 計
ロ 000001100 2
ソ 00030000X 3

ロ ●ロメロ-小野郁-八木彬
ソ ○和田毅-嘉弥真新也-津森宥紀-又吉克樹-Sモイネロ

文・波多野瞭平
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント