ノーボギーの人・山下美夢有がレコード更新

チーム・協会

【<Photo:Toru Hanai/Getty Images>】

 JLPGA ツアー2022シーズン公式競技・第1戦『ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ』(賞金総額1億2000万円、優勝賞金2400万円が5月5日、茨城県つくばみらい市・茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6680ヤード/パー72)で開幕した。第1日、山下美夢有が大会コースレコード64をマーク。脅威の8アンダーで首位に立った。3打差の5アンダー、2位は永峰咲希。4アンダー、3位で菅沼菜々が追う。注目の上田桃子は4オーバー、72位タイ。2週連続優勝を狙う西郷真央は7オーバー、104位タイと出遅れた。
(天候:晴れ 気温:24.5℃ 風速:2.4m/s)
《グリーン=スティンプ:13 1/4フィート コンパクション:24.5mm》

 一拍の間がバーディーショーの分かれ目。山下美夢有が大会コースレコードの64をマークした。しかも8バーディー、ノーボギーの素晴らしい内容である。超難関、と前評判が高い公式競技のコースで衝撃が走った。しかも、前3戦が連続予選落ちを喫しているだけになおさらだろう。

 「何かをかえたわけではない。集中することは当然。しいてあげればスイングのリズムに細心の注意を払った。練習場と同じリズムでスイングをする。コックで間を置いたらショットの精度が上がった」。興奮する様子でもない。淡々と話した。スイングでトップから切り返す前に、一拍の間を置いたのだ。たったそれだけで、この激変である。ゴルフの奥深さ、怖さを垣間見たような気がした。

 極め付きは、パー5の12番。残り126ヤードの第3打を9Iで、ピン20センチへピタッとつけた。ギャラリーの大声援が気持ちよさそうだ。「ギャラリーの皆さんがたくさん。私、そういう状況になると、いい意味で熱くなれます。バーディーが決まると、皆さんから声援をいただける。すごくうれしいし、よけいにプレーが楽しくなります」。快進撃のプラスアルファを語った。

 さらに、やらなければならない理由も。母・有貴さんの誕生日だ。この日は家族がコースへ足を運び、愛娘の一挙手一投足を追った。「いいプレーを見せることができて、何より。今年はまだ、プレゼントを買っていませんけどね」と、打ち明ける。見ているこちらまで笑顔になる、印象深いワンシーンだった。

 「公式競技(優勝は)目標です。気持ちは上位で戦いたい。きょう、ノーボギーでプレーできたから、残り3日間もノーボギーでいければいいなぁ」という。プロ3年目とキャリアは浅いが、知る人ぞ知る達人。JLPGAツアーの連続ノーボギーホール『86』の記録を打ち立てている。

 コースセッティング担当ディレクター・茂木宏美が感想を話した。「3ホール、プレーを拝見しました。最も目を引いたのはパッティングのタッチ。15、18番の下りがピタッと合っていた。それから、マネジメントも良かったです。あの攻め方、ワクワクしながら見ました。頼もしいです」と解説する。

 さらに、こんなデータを発見した。第2R、4Rの平均ストロークがいい。ここまで、偶数Rに強く、奇数Rがいまひとつだったが、この勢いならムービングデーも心配ご無用のムードだ。

 おまけに、最終日の8日は母の日。「母とは仲がいい。何でも相談できる関係です」という。ノーボギーの人は、心まで五月晴れである。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)

一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が運営する公式サイトです。女子プロゴルフツアーのスケジュールをはじめ、試合速報、選手のスタッツ、各大会の最新ニュースやクォリファイングトーナメント(QT)、プロテスト、レッスンの情報などを配信中。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント