【バレー/Vリーグ】FC東京バレーボールチームの譲渡について

チーム・協会

【@V.LEAGUE】

 昨年12月8日に今シーズンV.LEAGUE DIVISION1 MEN (V1男子) に所属しているFC東京バレーボールチームが来月末(2022年5月末)をもって活動を休止することを発表しましたが、この度、株式会社ネイチャーラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:安田昌夫)にチーム全体が譲渡されることが決定しましたので、お知らせいたします。

 昨年末以降、FC東京とVリーグ機構でチームとしての活動の存続について協議を重ね、チームの譲渡を視野に入れて、受け入れ先を模索していました。その結果、FC東京のネイチャーラボへの譲渡について調整が行われ、FC東京から申請書を受理、審査を行い、昨日理事会等の承認を得て、正式に決定いたしました。

 FC東京として出場する最後の大会は、今週土曜日(4月30日)から大阪で開催される第70回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会となり、6月よりネイチャーラボに移籍した新チームとして、東京をホームタウンにして活動を始めます。前チームの地位を継承し、次シーズンも今シーズンに引き続いてV1男子に所属する予定になっています。

【Vリーグ機構 代表理事会長 國分 裕之からのコメント】
 Vリーグの長い歴史をともに歩んだFC東京バレーボールチームが、この度ネイチャーラボに譲渡され、新チームとして引き続いてVリーグに参画して戴けることを大変喜ばしく思っています。これまで、東京をホームタウンとして地域と密着してきたチームの存在は大きく、引き続いてVリーグでの活躍はもとより、地域への貢献も継承されていくものと期待しています。この度ネイチャーラボに譲渡された新チームを始め、全カテゴリーの全てのチームとともにVリーグの更なる活性化に努めて参ります。

【FC東京バレーボールチームの歴史】
 1948年、東京ガスバレーボール部を創部。長らく9人制実業団として活動を続けた。1985年より6人制に移行し、翌年地域リーグ入り。1998年、プレーオフを制してV1リーグ(現DIVISION2)昇格。第5回大会では初優勝を飾るが、入替戦で旭化成に敗れた。この直後の2003年4月、地域密着を目指してFC東京バレーボールチームへと移行し、バレーボール教室など普及活動を本格的にスタート。その後3年連続で優勝したが、入替戦では敗戦が続いた。念願がかなったのは3年連続6回目の優勝を記録した2008/09シーズン。V・プレミアリーグと現DIVISION1での最高成績は5位。天皇杯と黒鷲旗では準優勝という結果を残した。2022年6月、株式会社ネイチャーラボにチーム全体が譲渡され、活動を継続する。  
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント