【2021最終戦予選結果】GT500のポールポジションは14号車 ENEOS X PRIME GR Supraの大嶋和也/山下健太が獲得 2021 AUTOBACS SUPER GT Rd.8 FUJIMAKI GROUP FUJI GT 300km RACE

SUPER GT
チーム・協会

【BINGO MEDIA】

11月27日(土)「2021 AUTOBACS SUPER GT Round8 FUJIMAKI GROUP FUJI GT 300km RACE」の公式予選が行われた。GT500クラスのトップタイムを記録したのはNoだった。

GT500クラスのQ1は15:03にスタートした。ここからQ2に進出できるのは上位8台。Q1トップタイムは1'26.000というタイムを記録した牧野任祐選手のドライブするNo1 STANLEY NSX-GTであった。その他Q2進出車両は上位から以下の通り。

No38 ARTA NSX-GT
No39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra
No8 ARTA NSX-GT
No36 au TOM'S GR Supra
No3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
No14 ENEOS X PRIME GR Supra
No37 KeePer TOM'S GR Supra

なお、上位3台はコースレコードである1'26.386を更新するタイムを記録した。

Q2は15:41にコースオープン。ポールポジションを獲得したのは1'25.765という最速ラップをセッション終盤で記録し、会場を沸かせた山下健太選手がドライブするNo14 ENEOS X PRIME GR Supra。山下健太選手は再び自身が持つコースレコードを更新する形となった。2番手には1'25.867で山本尚貴選手がドライブするNo1 STANLEY NSX-GT、3番手は平川亮選手がドライブするNo37 KeePer TOM'S GR Supraでタイムは1'25.938であった。なお、この上位3台のみが25秒台を記録した。

決勝レースは明日、13:00からスタート予定。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

SUPER GT

SUPER GTは日本が世界に誇る自動車レースシリーズです。年間8戦行われるレースには、国産自動車メーカーをはじめ海外メーカーのマシンも数多く参戦し、国内外のサーキットを舞台にドライバーが熱い戦いを繰り広げます。公式サイトでは、SUPER GTに関する様々な情報をご紹介いたします!

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント