【川崎vs北海道】川崎の藤井・篠山、北海道の橋本・寺園のガード対決に注目

B.LEAGUE
チーム・協会

【B.LEAGUE】

■川崎ブレイブサンダースvs レバンガ北海道(@川崎市とどろきアリーナ)

第1戦:10月23日18時5分 第2戦:10月24日16時5分

 現在4勝2敗で東地区3位の川崎ブレイブサンダースが、2連勝中のレバンガ北海道とホームで対戦する。

 川崎は前節、琉球ゴールデンキングス戦で1勝1敗。前々節の宇都宮ブレックス戦と同じく先勝されたが、2連敗せず。第2戦は後半に自慢のディフェンスから徐々に流れを引き寄せて逆転勝利したが、その起点となったのが篠山竜青と藤井祐眞のガード陣だった。プレッシャーをかけることはもちろん、ニック・ファジーカスのスクリーンを使って攻撃を組み立て、藤井は第4クォーターの10得点を含む24得点を挙げ、篠山はドライブやジャンパーを要所で決めてみせた。

 一方、北海道は前節、新潟アルビレックスBB戦で今シーズン初勝利を挙げるだけでなく、2連勝をもぎとった。とりわけ司令塔で主将の橋本竜馬は、その大きな原動力に。第1戦で20得点を記録し、第2戦はリードを許しながらも、チームディフェンスで奪ったボールを彼が素早くボールを運び、オフェンスにリズムをもたらした。また、もう一人のポイントガード・寺園脩斗も、得点源のショーン・ロングをいかすパスを供給。ここまでチーム最多のアシストで味方を引っ張っている。

 今節は両軍のガード陣が攻防両面でチームにスイッチを入れられるか注目したい。さらに彼らとホットラインを形成する川崎・ファジーカス、北海道・ロングの初対決も楽しみなところ。ともに平均得点で20点近くを挙げるだけに、マッチアップの駆け引きは流れを左右していくだろう。

文=大橋裕之

■ロスター

・川崎(HC:佐藤賢次)
藤井祐眞
篠山竜青
増田啓介
前田悟
鎌田裕也
綱井勇介
ニック・ファジーカス
マット・ジャニング
熊谷尚也
長谷川技
パブロ・アギラール
ジョーダン・ヒース

・北海道(HC:佐古賢一)
橋本竜馬
ナナーダニエル弾
牧全
寺園脩斗
ダニエル・ミラー
中野司
桜井良太
玉木祥護
山口颯斗
ショーン・ロング
デモン・ブルックス
葛原大智
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

B.LEAGUE

国内男子プロバスケットボールリーグのB.LEAGUE情報をお届けします。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント