IDでもっと便利に新規取得

ログイン

©TAIYO YUDEN CO., LTD.

【太陽誘電 ソルフィーユ 】日本リーグ第9節高崎大会日本精工日本精工BraveBearies 戦 二桁安打二桁得点!!寺田愛友はピンクベースを背に5勝目を挙げる !!

太陽誘電ソルフィーユ

試合結果 (第8節:宇津木スタジアム) 10月16日(土)13:00〜
日本精工BraveBearies
0 0 0 0 0 0 0 0
0 6 0 0 4 0 X 10
太陽誘電ソルフィーユ
(精工)●山田、中村-重石
(太陽)○寺田、山口-西山
本塁打:原田・永友(太)、3塁打:川村(太)、2塁打:なし

今大会、太陽誘電ソルフィーユのホームゲームの第9節高崎大会が高崎市ソフトボール場で行われ1日目の日本精工Brave Beariesとの対戦。ソルフィーユが寺田愛友投手、Brave Beariesが山田玲菜投手の先発で始まった。初回寺田は三者凡退の無失点に抑え上々の立上がりを見せた。ソルフィーユは2回表の攻撃でに先頭の原田のどかがレフトオーバーソロホームランで先制点を挙げると、佐藤みなみがセンター前、永友遥がライト前、続く木下華恋がライト前タイムリーを放つ。更に竹田采実、西山しずくの2者連続フォアボールで押出しで無死のまま3得点を奪った。中村美樹に継投するが、ソルフィーユの攻撃は中溝優生の犠打、川村莉沙のセンター前タイムリーヒットで2点を追加。この回打者一巡の猛攻で序盤に6点の大量リードを奪った。援護を貰った寺田は5回にデッドボール、センター前ヒットを許し二死一三塁とされるが冷静なピッチングで空振り三振を奪いピンチを凌いだ。ソルフィーユは攻撃の手を緩めること無く更に5回にも永友のレフトオーバーソロホームラン、木下と須田真琴のライト前ヒット、中溝のフォアボールで満塁にすると川村の右中間フェンスを直撃する走者一掃の3塁打でで圧倒、一方的な展開で試合を決定付けた。6回から山口美紀が継投し完封リレー。太陽誘電ソルフィーユはこの試合「10-0」の快勝。4連勝で通算成績を11勝8敗としました。

関連リンク

クラブ名
太陽誘電ソルフィーユ
クラブ説明文

チーム創立は1984年10月、所在地は群馬県高崎市栄町8-1。1987年から1部リーグに在籍しており、リーグ優勝は6回、準優勝5回達成した強豪チームです。今年のチームスローガン “つなぐ、つなげる。” を合言葉に、日本リーグ優勝・日本一に向かってチーム一丸となって挑戦します。「ソルフィーユ/SOLFILLE」という名前に負けないよう、多くのかたから“愛されるチーム”を目指します。 ・チーム名由来 フランス語の太陽(Soleil/ソレイユ)と、女の子(Fille/フィーユ)を組み合わせた名前です。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント