IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)パーソル パ・リーグTV

元謙太が同点弾&サヨナラ打の大活躍! オリックスが鷹に勝利【7/23 ファーム試合結果】

パ・リーグインサイト

 7月23日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われたオリックスと福岡ソフトバンクのウエスタン・リーグ公式戦第20回戦は、2対1でオリックスがサヨナラ勝利を決めた。

 オリックスの先発は山下舜平大投手。初回のピンチをしのいだが、2回表の先頭・中谷将大選手に6号ソロを浴びて、先制を許す。続く3回表には、2死1、3塁のピンチを招いて中谷選手の打席を迎えたが、三飛に打ち取り追加点は与えなかった。

 一方の打線は、相手先発の奥村政稔投手から3回まで1安打に抑えられる。5回裏は2本の安打などで2死2、3塁の好機をつくったが、後続が倒れて得点ならず。しかし6回裏、先頭の元謙太選手が同点となる4号ソロを放ち、試合を振り出しに戻した。

 同点で突入した7回からは両軍の救援陣が力投する。オリックスは8回表、無死1、3塁となって登板した4番手・齋藤綱記投手が2三振を奪うなど無失点に抑える好リリーフ。1対1のまま迎えた9回裏、打線は3四球で1死満塁のサヨナラのチャンスをつくるが、後続が倒れて試合は延長戦へ。

 オリックスは10回表を黒木優太投手が無失点で抑えると、10回裏に再びサヨナラの好機をつくる。1死から佐野如一選手が二塁打を放ち、暴投で3塁まで進むと、打席には同点弾を放った元選手。追い込まれてからの5球目を弾き返した打球が値千金のサヨナラ打となり、試合を決めた。

 勝利したオリックスは、先発した山下投手が5回6安打1失点の力投。救援陣も無失点リレーでサヨナラにつなげた。元選手は、同点弾とサヨナラ打を放つ大活躍でアピールに成功。敗れた福岡ソフトバンクは先発・奥村投手が6回5安打1失点の好投も、打線が11安打を放ちながらも1得点と、あと一本が遠かった。

  12345678910  計
ソ 0100000000  1
オ 0000010001X 2

ソ 奥村政稔-甲斐野央-高橋礼-●椎野新
オ 山下舜平大-海田智行-荒西祐大-齋藤綱記-中川颯-○黒木優太

文・岡絃哉

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント