IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016/4/9 中山11R ニュージーランドトロフィー(G2) 3連単は105万1270円の超高配当

いざNHKマイルCへ! ニュージーランドトロフィーを分析!

JRA-VAN

今週は桜花賞など3つの重賞が行われる。今回は土曜日に中山競馬場で行われるニュージーランドトロフィー(NZT)にスポットをあてる。NHKマイルCのトライアルとして定着しており、2000年以降は中山芝1600mで行われるようになった。いつものように過去10年(阪神芝1600mで施行された2011年は除くため、実質的には2012年以降・過去9年)のデータを分析し、レースの傾向を探っていくことにする。データの分析にはJRA-VAN DataLab.とTARGET frontier JVを利用した。

ニュージーランドトロフィーの人気別成績(2012年以降・過去9年)

■表1 ■表1 ニュージーランドトロフィーの人気別成績(2012年以降・過去9年)

表1はニュージーランドトロフィーの人気別成績。1番人気【2.2.0.5】よりも2番人気【4.1.2.2】の方が好走馬は多い。1〜2番人気から勝ち馬が6頭出ており、単勝は人気サイドという傾向だ。3〜5番人気からは2着馬が4頭出ていて、7〜9番人気からは3着馬が3頭出ている。10番人気以下は勝ち馬が1頭(12番人気)、2着馬が1頭(14番人気)、3着馬が2頭(12番人気)も出ており、超伏兵馬の食い込みも目立つ。16年と17年は馬連配当が2万円台で、さらに16年の3連単は105万1270円という大荒れの結果だった。

ニュージーランドトロフィーの枠順別成績(2012年以降・過去9年)

■表2 ■表2 ニュージーランドトロフィーの枠順別成績(2012年以降・過去9年)

表2は枠順別成績。2枠【1.4.3.10】が連対率27.8%、複勝率44.4%と優秀。3枠【3.0.2.13】の勝率は16.7%で最も多く勝ち馬を出している。一方、1枠【1.0.0.14】が意外と良くないので、単純に内枠が強いというわけではなさそうだ。4〜7枠は連対率・複勝率がほぼ横一線。8枠【0.1.3.14】は連対率こそ5.6%と低いが、複勝率は22.2%もある。3着以内でOKという考えならば、むやみに外枠を嫌う必要はない

ニュージーランドトロフィー出走馬の前走クラス別成績(2012年以降・過去9年)

■表3 ■表3 ニュージーランドトロフィー出走馬の前走クラス別成績(2012年以降・過去9年)

表3はニュージーランドトロフィー出走馬の前走クラス別成績。まず出走頭数でみた場合は、前走G3組と前走1勝(500万)クラス組が圧倒的に多い。さらに好走率の比較ではG3組>1勝(500万)クラス組という結果になった。その他の組をみると、前走G2組は2着馬が1頭だけと不振だ。しかし、これには理由がある。該当馬は前走弥生賞やスプリングS、フィリーズレビュー組なのだが、前走4着以下に敗れていた馬がほとんどだからだ。トライアルのG2で3着以内に入った馬は、基本的に本番のクラシックへと向かう。よって、前走G2組の実力馬が出走してきづらいのは当然だ。

前走オープン特別組はリステッドと非リステッドを併せても【0.1.1.13】という成績になった。前走G3組や1勝クラス組には及ばない。

ニュージーランドトロフィーに出走した前走G3組の着順別成績

■表4 ■表4 ニュージーランドトロフィーに出走した前走G3組の着順別成績

表4は前走G3組の着順別成績。基本的には前走で1〜3着に好走している馬が有力だ。ただ、前走4〜5着や前走6〜9着に比べて特別に成績が良いわけではない。例えば、前走アーリントンCを勝っていた馬でも15年ヤングマンパワーは本競走で8着、16年レインボーラインは本競走で5着と敗れた。前走芝1600mの重賞を勝っている馬でも油断はできない。一方、前走10着以下に敗れていた馬は【0.0.1.14】と不振だ。この手のタイプの馬だけは本競走で巻き返すのは厳しいと言えるだろう。

ニュージーランドトロフィー好走馬(2012年以降・過去9年)

■表5 ■表5 ニュージーランドトロフィー好走馬(2012年以降・過去9年)

表5はニュージーランドトロフィーで3着以内に好走した馬の一覧。あらためて好走馬の前走レース成績や気になる過去の実績について調べることにした。表3で示したように前走G3組は15頭いる。そのうち過半数の8頭が前走ファルコンS組だった。勝ち馬も3頭出し、17年は1〜3着までを独占している。その他はアーリントンCやシンザン記念、きさらぎ賞などいろいろなレースから好走馬が出ている。表4で示した通り前走着順もバラバラ。10着以下に敗れていなければ、大きく割り引く必要はない。

狙いどころを見つけるうえで注目したいのが前走以外の過去の実績。特にデイリー杯2歳Sで好走経験がある馬が有力だ。17年はボンセルヴィーソ、18年はカツジ、19年はメイショウショウブ、20年はウイングレイテストと4年連続で好走馬が出ている。マイル重賞で好走実績があるという意味では、朝日杯フューチュリティSの好走馬も当然注目したい。14年ショウナンアチーヴや15年アルマワイオリは同レースで2着の実績があった。

また、意外と侮れないのが芝1200mのオープン特別好走馬。17年メイソンジュニアは福島2歳Sで1着、15年ヤマカツエースはすずらん賞で2着の実績があった。マイル重賞の実績馬に比べると好走例は少ないものの、人気になりづらいという面がある。

前走1勝(500万)クラス組は8頭いる。その内6頭が前走平場戦であり、前走特別戦を走っていた馬は2頭しかいなかった。しかし、8頭中7頭は前走1着馬で、なおかつ今回3番人気以内だった馬が6頭もいた。前走1勝クラス組は平場戦か特別戦どうかは関係なく、勝っているかどうかがポイントだ。そして本競走で上位人気に支持されているかどうかもとても重要になる。もし3番人気以内に入るようであれば有力馬だ。

一方、そうでない馬であっても全く軽視はできない。前走2着だった16年ストーミーシーは14番人気で2着と激走。前走中山ダート1200mの平場で1着だった13年ストーミングスターは12番人気で3着と好走した。前走1勝クラス組は人気馬だけでなく、超大穴馬の狙いどころでもある。

文:小田原智大(おだわら ともひろ)
1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。

関連リンク

クラブ名
JRA-VAN
クラブ説明文

【JRA公式データ配信サービス】のJRA-VANは、PCやモバイルに向けて競馬予想に役立つデータや情報を提供しております。 重賞レースなどのオフィシャルコラムや、海外競馬情報、JRA-VANのイベント情報、お得なキャンペーンなど、あなたの競馬ライフを豊かにする情報をお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント