IDでもっと便利に新規取得

ログイン

via isasurfing instagram

【サーフィン】エルサルバドル代表の女性選手が落雷で死亡

THE SURF NEWS「サーフニュース」

2021年5月29日から6月6日にエルサルバドルで開催される五輪最終選考も兼ねた『2021 ISAワールドサーフィンゲームス』のエルサルバドル代表選手、カテリーネ・ディアスが落雷により死亡という悲しいニュースが入ってきた。

エルサルバドルのサーフィン連盟によると事故が起きたのは3月19日の夕方。
カテリーネは自宅近くの南西部エルトゥンコビーチでサーフィンしていた。

空は晴れていて雷が鳴るような兆候もなかったが、天候が急変、カテリーネは落雷の直撃を受けた。
救急隊がすぐに駆けつけたものの、残念ながら助からず…。

カテリーネはエルサルバドルのサーフィン連盟の会長の娘でまだ22歳。
エルサルバドルでは選手層が薄く、2018年、2019年と同イベントではメンズ1名の参加に留まっていた。
カテリーネはエルサルバドルのウィメンズサーファーのパイオニアになる人物だっただけに本当に残念でならない。

日本でもサーファーが落雷によって死亡した例はある。
今回のエルサルバドルのように防ぎようがないケースもあるが、海に行く時は最新の気象情報を見て少しでも雷が鳴る可能性がある場合、十分に注意したい。 この投稿をInstagramで見る

文・THE SURF NEWS編集部

関連リンク

クラブ名
THE SURF NEWS「サーフニュース」
クラブ説明文

国内外のサーフィン関連ニュースを発信する「THE SURF NEWS(サーフニュース)」の公式アカウントです。2020年東京五輪のサーフィン関連情報や、人工サーフィン施設、業界最新動向、話題のサーフギア、コンテスト、初心者から経験者まで役に立つHowToなど様々なニュースをお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント