IDでもっと便利に新規取得

ログイン

CEREZO OSAKA

【J1リーグ第29節 C大阪 vs 大分】5試合ぶりの勝利を掴むために、攻守で発揮したい精度と耐久力

セレッソ大阪

サンフレッチェ広島をホームに迎えた前節、セレッソ大阪は、前半は攻守で相手に圧倒される展開の中、先に失点。苦しい試合を余儀なくされたが、後半、形も変えて臨むと、守備が安定し、ボールも握り返し、劣勢を打開。相手が退場者を出したこともあり、終盤は攻め続けた。その中で、1点が遠く、勝点を積み上げることはできなかったが、最後までゴールを目指して戦う姿勢を示したことは、残りの試合にもつながっていくだろう。

シーズンも終盤に入り、対戦相手としても、セレッソの守備をどう打開するか、また、ビルドアップや攻めの形をどう防ぐか。やはりスカウティングはしてくる。「相手からもいろいろと分析される中で、もう一つ、チームとして殻を破って成長していかないといけない時期」(片山瑛一)に差し掛かっていることは間違いない。もっとも、何か特別なことをするというよりは、攻撃では、しっかりとボールを握って相手の隙を突いていく中で、「いい時間帯に点を決め切ること」(奥埜博亮)が求められ、守備では、全員が連動してスペースを埋めていく中で、「最後の際のところで防ぐこと」(片山)が大事になる。つまり、これまで自分たちが積み上げてきたサッカーを、自信を持って披露していくことが何より大切なこと。
「こうした(勝利から遠ざかっている)状況で、彼らが持つべきメンタルは、いいプレーを続けようと思うこと。いいプレーを続ければ、必ず結果は付いてくる」と話したのはロティーナ監督。今こそ、チームの底力を発揮すべき時だ。

CEREZO OSAKA

対戦相手の大分トリニータは、前節は“勝てば優勝が決まる”首位・川崎フロンターレを撃破。目の前での優勝を阻止してみせた。丹念にボールをつなぎ、巧みなポジション取りからフィニッシュにつなげていくスタイルは成熟されており、今季の開幕戦で対戦した時も、セレッソとしては、主導権を握られる時間帯が長い、苦しい試合となった。それでも、CKからブルーノ メンデスがゴールを決めると、守備でもしっかりしのいで勝利を飾り、昨季の最終戦では、逆にセレッソが主導権を握り続け、2-0で快勝している。焦れずにゴールをこじ開けること。慌てることなくゴールを守ること。今節も、勝利のために必要なことを集中してやり続けたい。

今季も残り6試合。「シーズンをどういう形で終えるかは、とても重要」とロティーナ監督も話すように、ここまで送ってきた素晴らしいシーズンを、尻すぼみで終えてはもったいない。今季をより意義のあるシーズンとするために、ここからの1試合1試合が重要になる。5試合ぶりの勝利を目指す今節、気持ちを強く持って勝利を掴み、その先の目標へとつなげていきたい。

(文=小田尚史)

CEREZO OSAKA

関連リンク

クラブ名
セレッソ大阪
クラブ説明文

Jリーグ所属のセレッソ大阪の公式アカウントです。 クラブの最新ニュースやイベント、チケット、オフィシャルグッズなど様々な情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント