IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(C)パーソル パ・リーグTV

埼玉西武は内海哲也が2勝目を狙うマウンドへ!【9/17パ・リーグ見どころ】

パ・リーグインサイト

埼玉西武は内海哲也が2勝目を狙うマウンドへ! 千葉ロッテは岩下大輝で連敗脱出なるか

 9月17日の18時からメットライフドームで埼玉西武と千葉ロッテの第17回戦が行われる。昨日の試合はルーキーとベテランの活躍が光った埼玉西武が3対1で勝利。連勝を伸ばしたい埼玉西武と連敗脱出したい千葉ロッテ、軍配はどちらに上がるか。

【今季対戦成績】
埼玉西武→11勝5敗
千葉ロッテ→5勝11敗  

【埼玉西武】内海哲也投手 3試合1勝1敗 15回 12奪三振、防御率4.20
【千葉ロッテ】岩下大輝投手 11試合4勝5敗 59.2回 54奪三振、防御率4.98

 埼玉西武先発の内海哲也投手はこれまで3試合に登板。前回の千葉ロッテ戦では5回2安打6奪三振無失点で移籍後初白星を手にしている。緩急を活かした投球でマリーンズ打線を封じ、2勝目を飾ることができるか。一方打線は栗山巧選手に期待。昨日の試合では今季2度目となる4打数4安打の固め打ちでチームの連勝に貢献した。2000本安打という大記録達成に向け着々と安打を重ねるその背中から目が離せない。

 千葉ロッテ先発は岩下大輝投手。前回の埼玉西武戦では5回5安打2失点で4勝目を挙げている。直近5試合は本塁打での失点が続いているが、失投での一発を避け先発の役割を果たすことができるか。打線は中村奨吾選手に注目。昨日の試合ではチーム4安打と沈黙も、走者を得点圏に置いた場面で反撃の適時打を放ち意地を見せた。持ち味の積極的なバッティングでチームを勝利に導きたい。好球必打で打率チームトップを走る中村選手の一打に期待だ。

増井浩俊が今季2度目の先発で初勝利へ。楽天は松井裕樹で流れを変えられるか

(C)パーソル パ・リーグTV

 ほっともっとフィールド神戸では18時からオリックスと楽天イーグルスの第15回戦が行われる。16日の試合では、オリックスが完封勝利でカード勝ち越しを決めた。

【今季対戦成績】
オリックス→8勝5敗1分
楽天イーグルス→5勝8敗1分

【オリックス】増井浩俊投手 12試合0勝1敗 14.2回 14奪三振、防御率3.68
【楽天イーグルス】松井裕樹投手 8試合1勝3敗 41.2回 42奪三振、防御率4.10

 オリックスは、増井浩俊投手が今季2度目の先発マウンドへ。前回登板した3日の福岡ソフトバンク戦では、4年ぶりの先発登板を5回2失点でまとめ、その適性の高さを感じさせた。チームの同一カード3連勝に向け、まずはゲームを作りたい。一方楽天の先発は松井裕樹投手。前回登板した10日の福岡ソフトバンク戦では、5回3失点の内容も、3敗目を喫している。3連敗で負け越しが「1」になったチームを救うためにも、松井投手らしい闘志あふれる投球に期待したい。

 オリックス打線では、杉本裕太郎投手のバッティングに注目が集まる。16日の試合では、左翼席上段に突き刺さる豪快な1号ソロを放ち、その類いまれなパワーを見せつけた。この試合でも神戸の夜空にアーチを架けたいところだ。楽天打線では、茂木栄五郎選手に期待しよう。16日の試合では、打線が散発2安打と苦しむ中、チーム唯一のクリーンヒットを放ち、意地を見せた。連敗を「3」で止めるべく、主将の一打で流れを変えることはできるか。

北海道日本ハム・上原健太は今季初白星目指す。鷹はデスパイネの猛打で首位固めへ

(C)パーソル パ・リーグTV

 札幌ドームでは18時から北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの第18回戦が行われる。16日の試合では、福岡ソフトバンクが逆転勝利を収め、今カードの成績を1勝1敗としている。

【今季対戦成績】
北海道日本ハム→6勝10敗1分
福岡ソフトバンク→10勝6敗1分

【北海道日本ハム】上原健太投手 2試合0勝0敗 9回 10奪三振、防御率1.00
【福岡ソフトバンク】東浜巨投手 11試合3勝1敗 59.2回 56奪三振、防御率3.02

 北海道日本ハムの先発マウンドには、上原健太投手が上がる。前回登板した10日の千葉ロッテ戦では、4回6奪三振2失点(自責1)の内容で、勝ち負けは付かなかった。この試合では、長身から繰り出される速球で鷹打線を封じ込め、2019年6月2日以来の勝利をつかみたい。打線ではビヤヌエバ選手に期待。16日は「8番・三塁」で先発起用されると、2安打1打点と結果を残した。この試合でも起用に応え、4カードぶりのカード勝ち越しはなるか。

 一方福岡ソフトバンクの先発は、東浜巨投手。前回登板した10日の楽天戦では、5回を2失点にまとめ、今季3勝目を挙げている。ここまで2勝、防御率1.50と相性の良い北海道日本ハム相手に、この試合でも好投が望まれよう。打線ではデスパイネ選手の活躍に期待が高まる。16日の試合では決勝打となる適時打を放つなど、9月に入ってから調子は上向き。この試合でも自慢の長打力を発揮し、チームに勝利を呼び込めるか。

埼玉西武対楽天イーグルスは育成選手に注目

 イースタン・リーグ公式戦、埼玉西武対楽天イーグルス第5回戦は13時からCAR3219フィールドで行われる。前の試合で活躍した両チームの育成選手に注目しよう。まず埼玉西武・中熊大智選手は代打で登場した9回裏に同点2ランを放って起用に応えた。対する楽天イーグルスは耀飛選手が1号ソロ含む2安打。南要輔選手もマルチ安打に加え、守備では安打性の鋭いゴロをもぎ取りダブルプレーを完成させた。勝負所での活躍に引き続き期待したい。

【今季対戦成績】
埼玉西武→3勝1敗
楽天→1勝3敗

今カード5打数4安打と好調の野村大樹に期待

 ウエスタン・リーグ公式戦、福岡ソフトバンク対広島の第11回戦は18時からタマホームスタジアム筑後で行われる。16日の試合では、福岡ソフトバンクが5対3で勝利している。注目すべきは野村大樹選手だ。カード初戦では満塁の場面に代打で出場し走者一掃の適時三塁打を放つと、2戦目の前試合では同点弾含む3安打の活躍を見せた。カード最終戦となるこの試合では、どんな活躍を見せてくれるだろうか。

【今季対戦成績】
福岡ソフトバンク→8勝2敗
広島→2勝8敗

「パ・リーグ インサイト」編集部

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント