IDでもっと便利に新規取得

ログイン

画像提供:パーソル パ・リーグTV

種市篤暉が9回4安打0封でプロ初完封! 安田尚憲の先制打など5得点で千葉ロッテが快勝【7/25試合結果】

パ・リーグインサイト

 7月25日、メットライフドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第10回戦は、5対0で千葉ロッテが勝利。先発した種市投手が9回4安打無失点と圧巻の投球を見せ、プロ初完封勝利を挙げた。

 千葉ロッテの先発・種市篤暉投手は序盤から得点圏に走者を背負いながらも堂々としたピッチングで0を並べていく。援護したい打線だったが埼玉西武の先発・本田圭佑投手の前に6回まで2安打。両先発の好投で0対0のまま、試合は終盤へ向かった。

 0対0で迎えた7回表、千葉ロッテは3番・菅野剛士選手が四球で出塁すると、代走に入った岡大海選手がすかさず盗塁を決め無死2塁とする。この絶好機に4番・安田尚憲選手がライト前へタイムリーを放ち、千葉ロッテが先制に成功した。

 さらに8回表にも打線は埼玉西武の3番手・宮川哲投手を攻略。野選の間に1点を追加すると、なおも1死1,2塁から鳥谷敬選手の適時二塁打、井上晴哉選手の適時打で3点を追加。この回4得点を挙げ、好投する種市投手に応えた。

 終盤に5点の援護をもらった種市投手は、無失点のまま9回裏のマウンドへ。2番からの好打順、2死満塁のピンチを背負うも後続を打ち取り試合終了。埼玉西武と千葉ロッテの第10回戦は5対0で千葉ロッテが勝利し、カード対戦成績を2勝3敗とした。

 千葉ロッテは先発・種市投手が9回4安打4四球10奪三振無失点でプロ初完封を達成し、今季3勝目。打線も序盤は埼玉西武の先発・本田投手に苦しめられたが、7回表に安田選手の適時打で1点を先制すると、8回表には鳥谷選手の適時二塁打などで一挙4得点を挙げ試合を決めた。

  123456789 計
ロ 000000140 5
西 000000000 0

ロ ○種市篤暉
西 ●本田圭佑-平井克典-宮川哲-田村伊知郎-森脇亮介

文・丹羽海凪

関連リンク

クラブ名
パ・リーグインサイト
クラブ説明文

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント