スポーツナビ

2016年3月20日(日)

11R
2016年3月20日(日)
1回阪神8日
15:35発走

阪神大賞典 GII

芝・右 3000m 天気:
馬場:
サラ系4歳以上 オープン (国際)(指定) 別定 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円

予想印

枠番 馬番 馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 カレンミロティック
2 2 アドマイヤデウス
3 3 トーホウジャッカル
4 4 アドマイヤフライト
5 5 マイネルメダリスト
6 6 タンタアレグリア
6 7 カムフィー
7 8 ストロベリーキング
7 9 タマモベストプレイ
8 10 サイモントルナーレ
8 11 シュヴァルグラン

◎:本命、○:対抗、▲:単穴、△:連下

買い目

大多 11=2 11=3 11-1 11-6 2=3
綾恵 11=3 11=2 11-6 11-7 3=2
山田 2=6 2=3 2=11 6=3 6=11 3=11
たま 4=11 4=3 4=1 4=2

※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

予想

本命はシュヴァルグラン。

実績:
距離・コース:
順調度:
(初距離)
前々走・オリオンSまで一気の3連勝でオープン入り。いずれもメンバー最速の上がりで他馬を一蹴し、卓越した決め手を見せつけた。前走・日経新春杯(G2)は4コーナーで他馬と接触するアクシデント。直線ではいつもの伸びを欠いたが、それでも2着を確保しており、1番人気の意地は見せた。スタミナ豊富で折り合いの不安もなく、距離延長はプラスに働く公算大。きっちり勝って本番に挑みたい。

対抗はアドマイヤデウス。

実績:
距離・コース:
順調度:
(初距離)
昨年G2を連勝した実力馬。特に日経賞はレースレコードで強豪ウインバリアシオン(引退)らを一蹴する圧巻の強さだった。G1が視野に入った矢先に骨折の憂き目に遭い、復帰後も外枠に泣く競馬が続いたが、前々走・有馬記念(G1)は0秒3差。前走・京都記念(G2)もタフな重馬場で3着を確保し、ようやく復調の気配を見せ始めた。本来の走りさえできれば、このメンバーでも互角以上に戦えるはずだ。

単穴はトーホウジャッカル。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・3.01.0
昨秋の菊花賞(G1)をデビューから149日というレース史上最短記録で制覇。日本レコードのオマケ付きでゴールドアクター、サウンズオブアース(昨年の有馬記念1、2着馬)を一蹴し、競馬ファンの度肝を抜いた。その後は順調さを欠いて勝ち鞍から遠ざかっているが、素質の高さは誰もが認めるところ。今回は名手M.デムーロと初のコンビで心機一転。クラシックホースの復帰戦に注目が集まる。

抑えはタンタアレグリア。穴はカレンミロティック。

今週のワンポイントアドバイス

◇阪神11R・阪神大賞典

過去10年の連対馬は(1)(5)、(2)(1)、(4)(5)、(2)(6)、(5)(4)、(3)(1)、(3)(1)、(1)(3)、(1)(5)、(1)(7)番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気の7、2、3連対は特にほめられた成績ではないが、人気薄馬の連対も6、7番人気のそれぞれ1頭だけ。伏兵馬の出番は少ない。

馬連配当は
3けた…………6回
1000円台…2回
2000円台…1回
4000円台…1回

08年に4、5番人気で決まった4540円が最高配当。出走頭数が平均11.2頭と少ないこともあり、ここまで高配当は期待薄となっている。

一方、3着に2、3、1、4、1、6、5、5、3、2番人気が入った3連単配当は3290円、2010円、1万円台、2万円台、2万円台、1万円台、1万円台、3010円、4060円、8090円。半数の5回が4けた配当で、残る5回も3万円未満で決着。こちらも大荒れは望み薄となっている。

路線別は有馬記念組が7連対。4連対でダイヤモンドS組が続き、3連対で日経新春杯組、2連対の京都記念組と続いている。


アドマイヤフライト(橋田厩舎)は昨年の日経新春杯で1馬身半差の3着。その後成績はパッとしないが前走やや重の白富士Sで脚を余して4着。スピード決着の良馬場では厳しいが時計のかかる馬場は得意。人気サイド決着が続いているがそろそろ波乱の予感。「同一厩舎2頭出しは人気薄を狙え」の格言もある。

新着ニュース

ニュース一覧

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧