連載: “伝統の番号”を受け継いだJクラブの一番星

プロローグ

 2020年シーズンを迎えるにあたり、クラブ伝統の番号を背負う選手たちがいる。その番号の系譜をたどれば、クラブの歴史がありありと蘇る一方で、託された男たちはさまざまな想いを胸に、その番号を背負う覚悟を決めた。

 いずれにしても確かなのは、彼らがクラブからそれだけ大きな期待を掛けられているということだ。Jクラブの一番星とも言える期待の俊英たちとその番号の系譜に迫るとともに、サッカーにおける象徴的な番号である「10番」不在のチームの事情についてお届けする。

ピックアップ

一覧

関連リンク