【ゴルフ】ドライバーのミスを簡単に解決する方法とは

ココカラネクスト

【(c)CoCoKARAnext】

 トータルゴルフフィットネス トレーナーの江澤です。

私自身、ここ最近ドライバーでチーピンに悩まされています。

感覚的には手首でクラブを扱ってしまい左にふけていくようなボールが出ることが多いです。

その結果2打目の距離が残ってしまうことや打ちづらい場所からのセカンドショットという状況が多いような状況です。

この悩みを今回も当クラブの橋本コーチにお願いをして解決していただこうと思います。

橋本コーチ解説

お話を聞いたところ、チーピンがたくさん出てしまうと時は「スイング軌道」と「フェースアングル」の差が大きくなっていることがとても多いです。

まずはその辺のズレがどのくらいあるのかをフライトスコープを使用して確認してみましょう。

こちらが江澤トレーナーのスイングデータになります。

【(c)CoCoKARAnext】

飛び出してからすぐに少しフックしているような状態です。

結果としては約20ヤード左にずれているような状態です。

インパクトの瞬間も分析していきましょう。

【(c)CoCoKARAnext】

まずはスイング軌道とフェースアングルの差を確認します。

オレンジの線がクラブパスになり、黄色い線がフェースアングルになります。

フェースアングルはほぼスクエアにインパクトができています。

ですが、クラブパスが少しインサイドアウトに当たっている状態です。

この角度をもう少し抑えることでフックの度合いを弱める事ができます。
こちらのデータを3次元で見てみましょう。

【(c)CoCoKARAnext】

まずは右側に出ている数値の「Hプレーン」というものに注目をします。

Hプレーンというのは水平プレーンという意味です。

今の状態だとスイングプレーンが8.9度右を向いて振っているという数値が出ています。

この数値が出ているということは結構右を向いて振っている事がわかりますので、フェードを打つようなイメージで左に目標をとって打ってみたりすることも効果的であると考えられます。

左に打つことを嫌がる傾向がある人はこのようなデータになることが多いです。

無意識に左に振ることを嫌がってしまい、なかなか左に振り切れないと思いますので、その時は左にアドレスを取るようにしてください。

もちろんフェースはターゲットに向けてまっすぐのままにします。

この状態でスイングをすることを心がけてください。

このように意識してスイングをするとこのような変化が生まれます。

【(c)CoCoKARAnext】

スイングプレーン自体も1.4度右になり右に向きすぎない結果に変わっています。

フックを嫌がりすぎてカラダどんどん右に向いてしまうので、インから入ってくる角度が強くなりヒールヒットになったり、手で返すのが強くなり左に行くボールが出やすくなります。

フックが怖くなり右を向き出してしまうことはとても多くあるので、そのような場合の時は、嫌がる方を向いて打つようにしてください。

これはプロゴルファーも多く実践している練習方法になります。

左を嫌がりだんだんと右の方へ目標を向くと、インサイドアウトが強くなりプレーン自体が右へ向きすぎていることになります。

そのまま振ってしまうとインサイドアウトが強すぎて、例えスクエアにヒットしたとしても出だしがまっすぐでその後フックしたボールになってしまいます。

このように修正していただければ左へのミスも減ると思います。

まとめ

今回のチーピンが多く出てしまうミスは身体の向きが問題だった事が判明しました。

左にボールがいくことを嫌がりそれが結果的に身体の向きを右に向けてしまっていた原因でした。その結果インサイドアウトの軌道が強くなり左への曲がり幅が多くなってしまっていました。

わざと嫌な方向にアドレスを構えスイングしていくことにより正しいプレーンになるのでまずはこの練習をぜひ実践してみることをお勧めします。

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント