栄養の宝庫!牛乳の栄養素について

ココカラネクスト

【(c)CoCoKARAnext】

 牛乳といえば、真っ先にカルシウムを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実は、牛乳はカルシウムだけではなく、たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルがバランスよく含まれています。

 牛乳に含まれる栄養素について詳しくみていきましょう。

 まず1つめが乳たんぱく質です。

 乳たんぱく質は「ホエイ」と「カゼイン」に分かれます。

「ホエイ」とは、ヨーグルトにできる薄黄色の上澄み液のことで、別名「乳清」とも呼ばれています。必須アミノ酸がバランス良く含まれていることも魅力の一つです。

 また、ホエイは水溶性成分であるため消化吸収が早く、アスリートやボディービルダーの間ではホエイプロテインとして注目されています。

※リンク先は外部サイトの場合があります

 一方「カゼイン」は、牛乳中のたんぱく質の大部分を占め、カルシウムなどのミネラルの吸収能力を高める働きがあります。

 ホエイプロテインと比較すると、消化吸収がゆるやかであることがカゼインプロテインの特徴です。

 2つめが乳脂肪です。

 牛乳には脂肪分が約4%含まれており、乳脂肪にはなんと約400種類もの脂肪酸が含まれています。脂肪酸はエネルギーとして利用されたり、コレステロールの材料となるなど、体内に不可欠な栄養素です。牛乳は様々な脂肪酸を手軽に摂取することができます。

 3つめにビタミン・ミネラルです。

 牛乳は特にカルシウム、ビタミンB12、ビタミンB2が豊富に含まれています。牛乳はカルシウムが豊富なだけでなく、吸収率がもっとも高い食品の一つであるため、より多くのカルシウムを効率よく摂取することが出来ます。ビタミンB12は赤血球の形成を助ける必須栄養素で、肉・魚・乳製品に多く含まれています。ビタミンB2は別名「成長ビタミン」と言われ、体内でエネルギーを作ります。

 牛乳は良質なたんぱく質、様々な種類の脂肪酸、加えてビタミン・ミネラルも豊富に含んでおり、栄養の宝庫といえます。

[文:クックデリ株式会社 管理栄養士 北山奈実]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント