“時代”を映す人気ユニホームの数々
「BECKHAM」が読めない世代も…

根強い人気を誇るユーべのピンクアウェー

固定背番号制が導入された95-96シーズンに10番を託されたデル・ピエロは11-12シーズンまでユベントスでプレーした
固定背番号制が導入された95-96シーズンに10番を託されたデル・ピエロは11-12シーズンまでユベントスでプレーした【写真:Maurizio Borsari/アフロ】

 ユベントスでは、投票で1位に輝いた95-96シーズンが、うちのお店でも圧倒的な人気を誇ります。CLで優勝したというのが一番だと思いますが、それ以外にも人気の理由があります。


 例えばイタリアは、セリエAで優勝すると「スクデット」が、コッパ・イタリアで優勝すると「コッカルダ」と呼ばれるワッペンが、ユニホームに付くんです。94-95シーズンはひとつも付いていませんが、このシーズンに2冠を達成したため、翌95-96シーズンは「スクデット」と「コッカルダ」の両方が付いているんです。


 また、イタリアでは95-96シーズンから固定背番号制となり、ユニホームの背中に選手のネームが入るようになったんです。だから、10番のユニホームにデル・ピエロのネームが入るのは、このシーズンから。こうしたことも理由のひとつだと思います。逆に言えば、このシーズンにミランに移籍したバッジョは、ユーベ時代、背中にネームは入っていなかったんです。それでも90年代前半、胸スポンサーが「ダノン」の時代の10番のユニホームに需要があるのは、バッジョ人気によるものでしょう。


 ジダンの21番のユニホームも、求める方が多いです。また、投票では9位に99-00シーズンのモデルがランクインしましたが、お店では同じデザインでも、98-99シーズンのほうが需要があるんです。というのも、99-00シーズンのモデルは、背番号とネームが従来の白なんですが、98-99シーズンは、赤いんです。


 創設100周年記念の97-98シーズンのアウェーモデルも根強い人気を誇ります。このユニホームは、白と黒のストライプではなく、創設時のカラーであるピンクなんです。現地でも当時、評判が良かったんでしょう。このピンクのモデルは、11-12シーズンのアウェー、15-16シーズンのアウェーでもリバイバルされました。

 ミランの場合、かつてはどの時代にもスター選手が在籍していたので、年代問わずまんべんなく人気があります。なかでもよく売れるのは、バッジョ、バレージ、サビチェビッチ、ウェア、ルイ・コスタ、カカといった選手たちです。ここまでもやはり、ゴールドのラインが入った06-07シーズンのユニホームの人気が高いです。本田圭佑の10番のユニホームでは、加入初年度の13-14シーズンのモデルが最も人気がありますね。

蛍光ドルトムントがスケーターに人気!?

ドルトムントがリーグ連覇を果たした95-96シーズン。メラー(左)らがまとう「ナイキ」の蛍光イエローのユニホームは「サッカーらしくない」と不評だった
ドルトムントがリーグ連覇を果たした95-96シーズン。メラー(左)らがまとう「ナイキ」の蛍光イエローのユニホームは「サッカーらしくない」と不評だった【Getty Images】

 バイエルンは、投票では13-14シーズンが1位に輝きましたが、うちのお店ではその前、11-12、12-13シーズンのモデルの人気が高いです。12-13シーズンはリベリーとロッベンが活躍してCL優勝を果たしただけでなく、ゴールドのラインが使われています。また、この11-12シーズンでバイエルンの14番をつけていたのが、宇佐美貴史。宇佐美のネームが入ったユニホームを探しにくる方もいます。


 CL決勝でマンチェスター・ユナイテッドに逆転負けを喫した00-01シーズンのモデルも探しにくる方が多いです。ただし、この「カンプ・ノウの悲劇」ではグレーとエンジのCLモデルを着用していたので、レギュラーシーズンのモデルとはデザインが異なります。


 オールドファンの方には、マテウス、クリンスマンのユニホームの人気があります。特にクリンスマンがトッテナムからドイツに復帰し、バイエルンに加入した95-96シーズンのモデルは、赤と青のストライプが鮮やかで人気が高い。このデザインは10-11シーズンにリバイバルされました。最近だと、リベリー、ロッベン、シャビ・アロンソのユニホームの需要があります。

 ドルトムントは、人気投票の結果と同じように、香川真司の加入初年度である10-11シーズンのモデルが圧倒的な人気を誇ります。目覚ましい活躍でしたからね。


 オールドファンに人気なのは、CL初制覇を果たした96-97シーズンのモデル。当時、ドルトムントとパリ・サンジェルマンはサッカーユニホームに参戦したナイキといち早くサプライヤー契約を結びました。


 当時、ナイキのデザインはサッカーのユニホームらしくないと不人気だったんです。今見ても、蛍光のイエローを使った斬新なデザインなんですが、実は今、サッカーファンより若いスケーターに人気なんです。そのファッション性が注目され、ドルトムントのユニホームを着てスケートを滑る人がいるんです。

取材に協力してくれた「Vintage Sports FOOTBALL」吉祥寺店。全国に5店舗を構え、マニア垂涎のレアユニホームの数々がそろっている
取材に協力してくれた「Vintage Sports FOOTBALL」吉祥寺店。全国に5店舗を構え、マニア垂涎のレアユニホームの数々がそろっている【YOJI-GEN】

取材協力:Vintage Sports FOOTBALL

今年で15年目を迎えるサッカーユニホーム専門店で、吉祥寺、渋谷、町田、心斎橋、四条河原町と、全国に5店舗を構えている。毎週貴重なユニホームを入荷し、各店舗にデッドストック商品を1200点以上そろえている。また、正規品のユニホームや選手用のユニホームなどの高価買取も行っている。

構成:YOJI-GEN

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント