sportsnavi

自分たちの「やるべきバスケ」を貫く
HCに聞く、○○はうちがNo.1 秋田編

【オマケ】広報さんにもNo.1を聞いてみた

Q.一番、私服がおしゃれな選手は?

選手名:野本建吾

秋田に来てからなかなか私服を着る機会がないようですが、たまにみかけると「毎度地味におしゃれ」で、都会感が抜けていません。

【(C)AKITA NORTHERN HAPPINETS】

Q.一番、意外な特技を持っている選手は?

選手名:ニカ・ウィリアムス

特技:弾き語り

のど自慢はチーム内にも何人かいますがギターが弾けるのはニカさんだけです! 演奏している動画を撮らせてほしいと頼んだら、弾き語りまでしてくれました。

Q.一番、こだわりを感じる選手は?

選手名:俊野達彦

若干潔癖?の気があるらしく、人との距離(パーソナルスペース)を常に意識しています。(人が苦手なわけではまったくありません笑)

Q.一番、面倒見がいいと感じる選手は?

選手名:白濱僚祐

先輩・後輩関係なく、日常的にみんなを食事に誘ったり、まだ車を持っていない選手を乗せてあげたり、チームの和やかな雰囲気を作ったり、すべて自然にできる、いいひとです。

小松田直嗣
1984年、秋田県横手市雄物川町生まれ。大学卒業後の2007年、秋田魁(さきがけ)新報社に記者として入社し、文化部、社会部、大館支社などを経て、16年4月から主にバスケットボールと秋田ノーザンハピネッツの担当記者を務める。旧bjリーグ最後のシーズンから、Bリーグ初年度のB2降格、2季目のB1復帰までを地元紙・秋田魁新報で詳報した。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント