ファンが選ぶ「スライダー最強投手」ランキング

記事

 スポーツナビでユーザー投票を実施した「スライダー最強投手ランキング」。1万人を超えるプロ野球ファンが選んだ、スライダーの名手は誰だ!?
 今回は現役投手編のランキングを発表します!

※1人3票まで投票可能
※ランキング上位と総評コラムはスポーツナビアプリでご覧いただけます

ランキング

順位 選手名 所属 得票率
1 菅野 智之 巨人 32.91%
2 山岡 泰輔 オリックス 25.25%
3 松井 裕樹 楽天 23.94%
4 高梨 雄平 巨人 21.11%
5 宮西 尚生 日本ハム 13.97%
6 田中 将大 楽天 12.61%
7 伊藤 大海 日本ハム 10.47%
8 嘉弥真 新也 ソフトバンク 8.14%
9 松坂 大輔 西武 8.07%
10 山本 由伸 オリックス 7.65%
11 平良 海馬 西武 4.88%
12 中川 皓太 巨人 4.55%
13 奥川 恭伸 ヤクルト 4.33%
14 ビエイラ 巨人 3.73%
15 東條 大樹 ロッテ 3.67%
16 宮城 大弥 オリックス 3.67%
17 橋本 侑樹 中日 3.57%
18 平井 克典 西武 3.37%
19 桑原 謙太朗 阪神 3.21%
20 藤浪 晋太郎 阪神 3.16%
21 岩崎 優 阪神 2.46%
22 堀 瑞輝 日本ハム 1.68%
23 柳 裕也 中日 1.63%
24 大野 雄大 中日 1.48%
25 則本 昂大 楽天 1.47%
26 佐々木 千隼 ロッテ 1.41%
27 和田 毅 ソフトバンク 1.14%
28 山井 大介 中日 0.99%
29 西 勇輝 阪神 0.99%
30 石川 柊太 ソフトバンク 0.97%

全ランキングを見るならスポーツナビアプリ(無料)

QRコード
対応OS
iOS 12.0以上
Android 6.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

名だたる顔ぶれを抑え、菅野が堂々の1位に選ばれた。“現役”最強のスライダーを引っさげ、ポストシーズンで躍動なるか【写真は共同】

 こちら現役編は、1位の菅野智之(巨人、得票率32.91%)から4位・高梨雄平(巨人、同21.11%)までが拮抗した数字。以下、10位まで降りていっても得票率の差は実になだらかな曲線を描いており、スライダーという魔球を操る“術者”がいかに曲者揃いで優劣つけづらいかがわかる。

 ここからは、得票率10%以上を獲得したスライダーの使い手たちを見ていこう。

 7位のルーキー・伊藤大海(北海道日本ハム、同10.47%)は侍ジャパンの一員として、東京五輪優勝にも貢献した。曲がりの大小、球速差、腕の上げ下げなどを駆使し、『6種のスライダー』(本人談)を投げ分ける。「1年目だがスライダーの申し子と言わんばかりのピッチングをしている」「ルーキーながらもパの強打者たちを、スライダーを軸に空振りさせる姿は本当にしびれる」(以下、カギカッコはユーザーコメント)と、「新人とは思えない」強気で老獪なピッチングに驚きの声が。

 6位はあのレジェンド・野村克也、ダルビッシュ有(パドレス)もスライダーを絶賛した田中将大(東北楽天、同12.61%)。「落差がスゴイ」「スライダーの制球力は世界一。カウント球と決め球両方で使える」など、「世界一の精度」がファンにも高く評価された。

 5位から3位は、左腕が並んだ。
 5位の宮西尚生(日本ハム、同13.97%)は、ストレートとスライダーで通算370ホールド(10月11日現在)を積み上げた鉄腕。「見えにくいリリースポイントとも相まって、とても打ちにくい角度から曲がってくるので、宮西投手が一番打ちにくいのではと思います」とファンも舌を巻くスライダーが、13年連続50試合以上登板を支えた。

 4位の高梨雄平は変則左サイドの独特なフォームと、得意の料理を披露するYouTube『たかなしきっちん』でおなじみ。「左サイドからのスライダーは左打者にとっては背中から迫ってきて、右打者にとっては襲い掛かってくるようなスライダーなので」と、バッターの感じる脅威を的確に表したコメントをいただいた。
 

小柄ながらも打者が“消える”と表現するスライダーを投げるオリックス山岡。手術で今季復活は厳しいものの来季以降の復活に期待したい【写真は共同】

 3位・松井裕樹(楽天、同23.94%)は桐光学園高時代、夏の甲子園で1試合22個の奪三振記録を作ったころから、そのスライダーが際立っていた。「甲子園のときからレベルが違った」「うなるスライダーは純粋にえげつないと思う」「大きく斜めに曲がるスライダーが左打者を苦しめていたのが印象的」と、ファンのコメントも松井のピッチング同様、リズムよくガツンと力強い。

 さて2位は9月中旬に、右ひじのクリーニング手術を受け、残念ながら今季中の復活が微妙な山岡泰輔(オリックス、同25.25%)。172センチのプロ野球選手としては小柄な体を目いっぱい使った豪快なフォームから、バッターが“消える”と表現する鋭い変化のスライダーを投げ込む。「来るとわかっていても空振りしているシーンが多い」「回転数がおかしい」と、ファンも仰天の魔球ぶりである。

 1位の菅野智之は山岡同様、“消える”と評判のスライダー。コントロール抜群なうえ、打者の手元で鋭く大きく、曲がり落ちる。「菅野のスライダーはストレートと腕の振りが変わらないからすごいと思う」「菅野投手と伊藤大海投手は画面越しに見ていてもキレが凄いのと変化量が大きいから」「松井のスライダーは100回打席に立っても慣れないと思う。高梨はサイドスローからのスライダーが美しい。菅野は一番嫌なタイプのスライダー」。最後のコメントは、もしやどこかのチームのバッター!?

(文:前田恵、企画構成:スリーライト)

関連リンク