天然皮革と合成皮革、どっちがいいの?グローブの選び方!

Gridge(グリッジ)

【(c)photo-ac】

スコアアップを目指してクラブやボールばかり目がいってませんか? グローブって意外と大事なんです。

みなさん、何を基準にグローブを選んでますか?

みなさん、グローブは何を基準に選んでますか?

値段やカラー、メーカーで選ぶ方が大半だと思いますが、実はグローブっていろんな素材やスコアアップにつながるギミックがあるんです。

各素材ごとに私の実体験で紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

天然皮革の特徴

まず、天然皮革は何と言ってもフィット感がすごいです。

疲れてくるとスイング中にグリップが少し回転してしまい、チーピンが出てしまうことがあるのですが、天然皮革の場合はとにかくしっかりフィットするので滑りの心配もなく安心してスイングができます。

ただ、ネックとしては値段が高い、耐久性があまりない、そして天然素材を使用しているのでシンプルなデザイン構成のものが多いと思います。

とはいえ、やはりフィット感はインパクトの感覚等を感じるのにとても大事になってくるので、一番お勧めします。

特に、スイングスピードが速い方はヘッドの遠心力でスイング中にズレを感じる方もいらっしゃると思います。

そういった方には特にお勧めです。

人工皮革の特徴

人工皮革タイプのものはやはりコストがとにかく安く、またデザインもオシャレなものが多いイメージです。

ただ、天然皮革と比べるとフィット感やグリップ力は劣る感覚があります。

特に手汗が付着するとすぐに滑ってしまう印象があり、イメージを大事にしている私は少し苦手意識があります(※汗や水に強いことを売りにしている人工皮革タイプもあります)。

ただ、値段の高い天然皮革ばかり使うわけにもいかないので、練習は人工皮革、プレーは天然皮革で使い分けるようにしています。

余談ですが、女性の方、また男性でもヘッドスピードが30メートル/秒台の方であれば、そこまでグリップに影響されることもないと思いますので、人工皮革でも問題はないと思います。

いろんなグローブを試してみてください

グローブは消耗品ですので、1年の内数回は買い換えることになると思います。

私もゴルフを始めた頃は値段重視で安いものばかり買っていましたが、いろいろなものをぜひ試してみてください。

あなたにぴったりのグローブが見つかると、またゴルフが楽しくなりますよ!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

『ゴルフの楽しさをすべての人に』をコンセプトにしたゴルフ情報サイト。 ビギナーゴルファーにも読みやすいマナーやルールの記事や女性ゴルファーに向けたレッスン記事など幅広い情報を発信中。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント