IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小比類巻が全日本キックに凱旋「華を添えたい」
60歳の藤原敏男は早くも初代タイガーと心理戦
毎年恒例の「藤原祭り」に小比類巻(右から2人目)が参戦
毎年恒例の「藤原祭り」に小比類巻(右から2人目)が参戦【佐々木亜希】

 全日本キックボクシングの恒例行事となった「藤原祭り」(12月5日、東京・後楽園ホール)に、藤原ジムで練習を積んでいた“ミスター・ストイック”こと小比類巻太信が参戦することが、21日に行われた記者会見で発表された。藤原祭りは今年で6回目の開催となる。


 小比類巻は、久々のK−1 MAX登場となった10月1日の大会前から、藤原ジムで練習を開始。「現役時代の藤原(敏男)先生の試合も、所属選手の戦いぶりも好きでした」と語る小比類巻は、己を鍛え直すために自ら厳しい練習で知られるジムに飛び込んだという。

久々の後楽園登場となる小比類巻

全日本キック参戦は9年9カ月ぶり
全日本キック参戦は9年9カ月ぶり【佐々木亜希】

 来年のK−1 MAX日本人トーナメント参戦を希望する小比類巻。「藤原先生だけじゃなく、道場のみなさんにもとてもお世話になっているので、このメンバーと一緒に試合がしたいと思いました。しっかり勝って、大会に華を添えたい」と、久々の全日本キック参戦に名乗り。藤原は「練習に来る人間は、いつだって来る者拒まず。練習している人間が試合に出るのに、何の問題もない」と快諾し、今回の参戦が決定した。


 小比類巻の全日本キック参戦は、99年3月大会以来と9年9カ月ぶりとなる。久々の参戦、久々の後楽園登場となるが、小比類巻は「自分がデビューしたのも後楽園ホールですし、久しぶりの全日本キック。思い出すことはいろいろですが、しっかり大会に華を添えたいという気持ちが強いです」と思い出に流されることなく、気を引き締めて戦うと語っていた。対戦相手、ルールは後日発表される。

藤原敏男と初代タイガーが早くも心理戦

60歳の藤原(左)が初代タイガーらとのエキシビションに臨む
60歳の藤原(左)が初代タイガーらとのエキシビションに臨む【佐々木亜希】

 また、同大会に藤原スポーツジム主宰の藤原敏男が登場することも併せて発表された。


「今年は60歳、節目の年。この歳でまだまだ出来るんだという姿を見せたい」と意気込む藤原は昨年、右足の手術で参戦を断念。今回が1年ぶりの“エキシビジョン復帰戦”となる。


 藤原は「もうすぐ来るデブがカードを発表します」と、会見の最初から快調に暴投。ほどなくして会見場に到着した初代タイガーマスクが笑顔で「今年は僕と藤原先生、それに小林さんと、ウルティモ・ドラゴン選手が参戦します!」と小林聡、ウルティモ・ドラゴンの4人によるタッグマッチを行うと発表した。


 初代タイガーによると、今年のテーマはズバリ「空中戦」。「俺、できないぞ」とけん制する藤原だったが、初代タイガーは「藤原先生はこう言っていますが、実は高尾山で大天狗と猛練習をしているから大丈夫です」とキッパリ。「前日は僕も自分の大会があるんで、コンディションはベストの状態に仕上がっているはず。今より15キロから20キロは落としてきます」と、大幅減量の上で試合に挑むと語った。


 昨年の「藤原祭り」では、ハッスルのモンスター軍に奪われた松葉杖奪還のために小林聡GMが立ち上がる形となったが、今年の小林は最初から「先生のサポートは何でもしようと思っています」と参戦を約束。初代タイガーは「3対1」と、藤原敏男vs.初代タイガーマスク&小林聡&ウルティモ・ドラゴン組の対戦を提案したが、藤原はこれを断固拒否し、同じ藤原姓の藤原喜明に大会協力を呼びかけた。組み合わせ・試合方式は未決定だが、毎年何が起こるか分からない「藤原祭り」だけに、カード決定までさらに二転三転ありそうだ。


 会見最後の写真撮影では、いまだ松葉杖が手放せない藤原の右足を踏みつけようと狙う初代タイガーがすきをうかがう場面も。藤原も必死にこれをかわし、杖でガードした上で片足立ちするなど、カメラそっちのけで激しい心理戦が展開されていた。


■全日本キックボクシング「ALL JAPAN KICKBOXING 2008 Fujiwara Festival 〜藤原祭り2008〜」

12月5日(金)東京・後楽園ホール 開場17:00 本戦開始18:30(本戦開始前にオープニングファイト数試合予定)


【対戦決定カード】


<全日本ミドル級タイトルマッチ 5R>

[王者]中村高明(藤原ジム)

[挑戦者]江口真吾(同級1位/AJジム)


<全日本ウェルター級タイトルマッチ 5R>

[王者]山本優弥(青春塾)

[挑戦者]クリストフ・プルボー(同級1位/スクランブル渋谷)


<全日本ライト級決定戦 5R・延長1R>

[同級1位]海戸淳(S.V.G.)

[同級3位]遠藤智史(AJジム)


【出場予定選手】

前田尚紀(全日本フェザー級1位・藤原ジム)

小比類巻太信(2004・2005K−1 WORLD MAX日本王者/RAVI RAGAZZI)


【エキシビジョン参加予定】

藤原敏男

初代タイガーマスク

小林聡

ウルティモ・ドラゴン

※上記4選手によるタッグマッチを予定。藤原喜明がなんらかの形で参加

佐々木亜希

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント