【秋華賞】ランドネ・辻野泰之助手 平坦コースで生きる健脚

【秋華賞(日曜=14日、京都芝内2000メートル)】スタートの良さを生かした先行力を前走の紫苑Sでもしっかり発揮して、3着に粘ったランドネ。秋になっての成長点をペースダウンにもしっかり対応するなど、精神的に落ち着いて競馬ができたところだと語る辻野泰之助手。オンとオフの切り替えが上手にできるようになったのも進化したところで、オフの状態の厩舎内では落ち着き払った様子を見せてくれた。僚馬のカンタービレとともに前を行く中竹2騎の走りに注目だ(3日撮影)。

視聴回数:592回

※視聴回数は2019/8/22に集計されたものです。

関連動画